短編2
  • 表示切替
  • 使い方

霊媒体質?7

え~,此の前は大変不快な文章を投稿して申し訳ありませんでした。心よりお詫び申し上げます。

えっと、今回もあまり怖くないですけど、心霊系の話を一つ。

たぶんあれは先々週くらいの事。

なんとなしに友人A(いつもの人)と電話していた時、急に「ウフフ…」と笑い出しました。

私は「ああまた病気か・・・」と思い、流していたのですが、いつも以上に楽しそうに笑っています。(一人なのにww)

なんとなしに「どしたの?」と尋ねると

「いやぁ、今いる人?霊?が面白くてさぁ・・・」

と訳の分からない事を言われました。

「だからなんなのさ」と聞くと

「私が視た中で唯一会話可能な霊かも。」

と少し面白そうな事を言ってきました。

どんなかんじの人か聞いてみると

・とりあえず男

・ホームレスみたいな格好をしている

・その辺をフヨフヨしていてたまに「フフ・・・」や「うん・・・」「ああ・・・」という

・外出する時玄関まで見送ってくれる。また、お出迎えしてくれる

らしいです。

なんか某アニメの長○川さんに似ているなぁと思い、長○川さんと呼ぶことに。(この時点で二人してゲラゲラ笑っていました。)

話しかけると相槌を打ってくれるらしく、Aは長○川さんで遊んでいました。

私は見えないので少し羨ましかったのは此処だけの話。

で、もって私がAの家に遊びに行くと玄関に長○川さんがいたらしく

「うぇい!」とビビッておりましたww

そんな愉快な長○川さんも先週くらいに消えてしまったらしく、Aは少し残念がっていました。

余談ですが、Aの家には少なくとも平均30体ほど霊がいるらしいです。

で、リビングに8,6体はいるらしく、そのうちのほとんどを私はお持ち帰りしてしまっているとか。

どうりで帰りのチャリが重い訳です…(涙

でも、余程悪い霊で無い限りすぐ消えるし、そんなのがいたら祓ってくれているらしいので心配ないとか。

おお、持つべきものはやはり友!!

でも、今までお持ち帰りの事を黙っていたとは…

今回はこんなところで。

あいにく怖くなくてすみません・・・

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ