短編1
  • 表示切替
  • 使い方

意味怖

小さい頃に海でおぼれて意識不明の重体になったことがあるんだ。

その時、俺は俗にいう三途の川に行った。

そして、向こう岸には、俺のおばあちゃんが手を振っていた。

なんだか俺を呼んでるようだった。

小さい頃おばあちゃん子だった俺を、寂しくて呼んでるんだと思った。

そう思うと悲しいような、怖いような気分になって、

おばあちゃんとは、反対側に思いっきり走った。

一回だけチラッと振り向くとおばあちゃんはとても悲しそうな顔をしてた。

そこで俺はおばあちゃんはまだ生きていたことを思い出した。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
53800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ