中編3
  • 表示切替
  • 使い方

お呼ばれ

その日、私は高校の同級生のAに頼まれて、Aの家を訪ねていた。

私にこんな頼みをするくらいなのだからAはよほどまいっているのだろう。

Aは家の中の心霊現象らしきものに悩まされているらしい。

まぁ、訳ありの恋愛を経て、結婚の直後にそんな事があれば誰でもまいるかもしれない。

「で、どんなことがあったの?」

私はとりあえず聞いてみた。

「んー、始めは家の中の物が変な所に移動してたり……」

私はため息をついた。

「それは、思い違いだったりしない?」

「あんた私をいくつだと思っているの?私はまだそんな呆けるような年じゃない」

「そう……じゃぁ、他には?」

「消したはずの部屋の電気が勝手についてたりとか……」

再び私はため息をつく。

「それも……」

「思い違いじゃないったら!!」

今度は言い終わらないうちに釘を刺された。

「でもそれだけじゃ……」

「だから、始めはって言ったじゃん」

「じゃぁ、後の聞かせて」

相手は真剣な顔になった。

「2週間ほど前……なんだけど

 深夜にお風呂入って……髪を乾かしてたんだけど

 こう……ドライヤを持ち換えるほんの一瞬に女の人が鏡に……写ったような気がしたの」

「しつこいようだけど、それってやっぱり」

「ええ、その時は見間違いのような気がしたんだけど……でも、その日だけじゃなかったの」

「というと?」

「旦那が居ない昼間とか……廊下から部屋に入る一瞬に視界に入ったり

 台所で洗い物してる時にステンレスに一瞬写ったり……

 しかも……日を追うごとに段々とはっきりと見え始めてるんだよね……」

なるほど、つまりAは段々波長が合って来てしまっているようだった。

「それに……」

相手は話をつづけた。

「女の人が見える一瞬、なんでか解らないけど、ある種の感情が湧きあがるような感じがするの

 なんて言っていいかわからないけど……恨みや妬みみたいな……自分でも不思議なんだけど……」

不安そうな顔をした相手を見つめながら私は口を開いた。

「気のせいだよ……って言ってあげたいけど

 話を聞く限り確かにこの家には何かいるのかもしれないね……

 私は確かに霊感が強い方だけど専門家ではない、だからあまり正確なことは言えないけど

 一つだけ忠告すると……心を強く持った方がいいかもね

 心の中で強くその相手に対して『出ていけ!!』って思うの

 口に出して言ってみてもいいかもしれない、とにかく意思表示をしっかり相手にすることが大事

 大変かもしれないけど……がんばってね」

私はそういうと寝室を出た。

1階に降りて、台所に行くとAはお茶を飲んで待っていた。

「どうだった?」

心配そうな顔でAは聞いてきた。

「うーん、やっぱ気のせいじゃないかな?

 別になんも居なかったよ。」

私は笑顔で答えた。

「その割には出てくるのが遅かったじゃない」

Aは不審そうな顔をした。

「ふふふ、新婚夫婦の寝室なんて滅多に見られもんじゃないから

 じっくり見せてもらっちゃった」

予め用意しておいた台詞だ。

「ちょっとあんた何見てんのよ!!」

Aは安心したのか笑いながら怒った。

「まぁ、とにかくなにも感じなかったから平気だよ」

「あんた昔から、霊感強いって言ってたもんね」

「まぁ、一寸だけだけどね」

それからしばらくして、私はAの家を出た。

高校時代からそうだったが、Aは美人で、頭がよく、世渡りも上手だった。

しかしその反面、本人の自覚しないところで人を傷つけることがしばしばあった。

寝室で霊視した旦那の前妻と思われるあの女……きっと彼女も被害者の一人だろう。

なんせ、不倫の末の結婚だ。

式にも呼ばれなかった私に、その辺の事情を詳しく知る由もないが……いろいろあった筈だ。

結局のところ、彼女がどういう経緯で死んで

今も地縛霊としてあの家で、死んだ自覚もなしに生前の生活を繰り返しているのかわからない。

しかし、そんなこと私にはどうでもいいことだ。

私は、今出てきた家を振り返った。

自然と笑みがこぼれる。

そう、私はAが嫌いなのだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 園長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
63600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ