短編2
  • 表示切替
  • 使い方

夜の学校は怖い。

先日、学校に忘れものを取りに行ったがヤバかった。

夜の学校、辺りは静まり返っている

ガラガラ

教室のドアを開けたすると、クラスメートのNがいた。

N「あなたたた達まだあなたたた達なのか?本当に可哀相なあなたたた達だな!」

Nは全裸で自分のケツ、いや、あああなるにチョークを差し込む遊びをしていた

N「あっ!入ってくる!ケツにチョークが入ってくる!ヤバいよ!ヤバいよ!」

俺はあまりのキモさに言葉を失った

N「ギャハハハ!チョークがああなる!チョークがああなる!チョークがアナログ!」

N「ええ、まだテレビがアナログなんですよ!あっ違った!ア○ルだった!ギャハハハ」

Nは一人で何かブツブツつぶやいている

すると他の教室からケツにチョークが刺さった集団が現れた

N「君も、ほら」

チョークを渡された

俺はチョークをへし折りそのまま逃げた

N「ギャハハハ!ギャハハハ!待ってよ!アナログアナログアナログ」

集団「うわあああああああああ!ケツに入れたチョークは臭い!臭いよぉお!!」

集団全員で何か嬉しそうにチョークを嗅いでいる

N「コラー!あなたたた達はチョークはあなたたた達でしょうが!本当に可哀相なあなたたた達!あなたたたあなたたたあなたたたあなたたたあなたたた」

後ろの方で何か叫んでいるがキモいので俺は帰った

忘れ物を取ってなかった

若干嫌だが、また戻ることにした

戻るとやはり集団とNがいた

ケツに入れたチョークを匂う遊びをしている

N「ヤバいよ!ヤバいよ!僕のチョークなんか臭いよ!変な匂いがするよ!ヤバいよ!ヤバいよ!」

Nは暴れながらケツにチョークを出し入れしている

N「うわあああああああああああああ!!チョークが全部入った!チョークが全部ケツの中に入ったよ!ヤバいよ!ヤバいよ!うわあああああああああ」

キモすぎる

俺は忘れ物を取り帰ろとした

すると他の全ての教室からケツにチョークが刺さった全裸の集団が現れた

集団「ヤバいよ!ヤバいよ!ケツのチョークがヤバいよ!ケツのチョークから変な匂いがするよ!」

俺は逃げた

すると集団が追いかけてきた

集団「うわあああああああああ!ケツからいっぱいチョークが出てくるよ!ヤバいよ!」

N「あなたたた達!」

N「あなた達」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2960
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ