短編2
  • 表示切替
  • 使い方

パソコンの不具合

友人Aの家に初めて遊びに行ったときの話。

Aは大変、穏やかな性格で、学校では嫌ってるクラスメイトは一人もいなかった。

Aの部屋のパソコンでゲームをしていたら、

パソコンがフリーズした。

Aは、舌打ちをした。

再起動したら、またもやフリーズ

Aは、小さな声で『ぶっ殺すぞ。』と言った。

普段の性格からは、想像できないので、少し驚いた。

つぎに、宿題のレポートがあったので、二人で交代しながらWordで文字を打って、画像を張り付けていたら、

『メモリーが不足してます』みたいな文字が表示された。

メモリーのプロパティーを見たら、ほとんど容量が空いていた。

Aは、

『ふざけんな。ぶっ殺すぞ!!』と叫び、

パソコンを殴り始めた。

私は、『まぁまぁ、怒んなよ。YouTubeで面白い動画見ようぜ。』

といいAをなだめた。

しかし、YouTubeを見てると、ダウンロードが途中で止まり、ポンデリングが回る始末。

最悪なことに、勝手に電源が切れてしまった。

Aは、『ぶっ殺すぞー!!』と叫び居なくなった。

Aが部屋に戻って来たとき…

私は目を疑った。

金属バットを握りしめ、目が血走っていた。

私は必死に止めたが、

Aは、『おらららぁーーっ!! 機械のぶんざいで人間をナメるなぁーー』と叫び

バットをパソコンに振り落とした。

モニター画面に、亀裂が入り、ピカピカといろんな色が点滅している。

私は、怖くて止めることが出来なかった。

しまいには、パソコンをコンセントから抜き屋根にほうり投げた。

地面には落下せず、屋根瓦にひっかかっていた。

それでも気がすまないみたいで、

窓から屋根に出て、パソコンを更にバットで叩きつけていた。

パソコンは木っ端みじん…

私は、『しばらくゆっくり休みな』と言い、自宅へ帰った。

あれ以来、Aとは疎遠になった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ