短編2
  • 表示切替
  • 使い方

焼身自殺痕駐車場 前編

初投稿ですのでご容赦ください。

少し長くなりますがよろしく。

これは去年7月の話。

夏休みに美術部メンバー達と泊まりがけで遊びに行く予定を組んだ。

俺の所属していた美術部には人数こそ少ないが、いろんな部員がいた。

『海とかもいいけどさ、やっぱ夏は心霊スポット巡りでしょ。』

始まりは同級生のAからのこの一言だった

賛否両論もあったが、A主催でプログラムに組み込まれる事になった。

そして夏休み。

その日1日は海と海の幸を満喫し、明日に備えて早く寝る事にした。

PM20時、スポット参加者は俺を含めたA、B、Cの4人。

道中、これから行くスポットの話をAの運転する車内で聞かされた。

『少し前に駐車場で男女の焼身自殺があった場所でさ、その自殺があった場所に車を止めると……火もとも無いのに車が自然に発火するんだってさ。』

オカルト関連を一切信じてない俺やB、Cは『へ〜』などと言いつつ、目的地についた。

なにげない駐車場なのにAの話通り、駐車場の中央辺りに黄色い線で×と引かれていた。

『な!な! 言った通りだろ!』

テンションが上がるAに対し、Bが『これだけじゃあ、スポット巡りじゃなくね。』などとツッコミを入れた。

辺りを三周してから、その駐車場に車を止めた。

“もしもの時”を考え、車のドアを開け静かに待つ。

PM22時を過ぎた頃、雑誌を読んでいたCが口を開いた。

『近くにコンビニとか、ガソスタとかあるじゃん? ここの通り、車とか人通りが少なくね』

そのなにげない一言で全員の顔から血の気が引いた。

確かにコンビニに寄ったりしたが、多くはなかったが車や人を見た。

『よっし、写真だけ撮って戻るか。』

Bはそそくさとカメラを取り、車内と外、後は適当にパシャパシャと撮り車に戻った。

怖い話投稿:ホラーテラー 幽乃さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ