短編1
  • 表示切替
  • 使い方

人を呪った

だいぶ前、教えて貰った[青いグラス]という呪術を試してみた。

半信半疑のまま、真夜中、辻道に行き、おこなって、周囲を見渡しながら、おっかなびっくり、一部始終を終えた。

ビビりながら、帰宅し、バクバク音を立てる心臓が落ち着いて来た頃、救急車のサイレンの音が聞こえて来た。

音がだんだん近づいて来て停まった………

なんと、それは、今しがた、呪術で呪った相手の家に来た救急車だった。

そして、野次馬に紛れて、ヤツの家の前辺りで見ていると、ストレッチャーに乗せられ運ばれて来たのは、紛れも無く、俺が呪った相手だった。

口から泡を吹いて全身が痙攣した様に、ガクガクと奮えていた。

あれから、怖くてあの呪術は、使わなくなった。

ただの偶然なら、いいのだが…………

【後日談】

残念?ながら、助かってますよ(笑)元気に日常生活送ってます。

呪術が効いたかも、あいまいですし、呪詛返しの方法は、二通り知ってますから、何かの時には、使いますよ。

それに、[青いグラス]で、人を殺すには、相当な怨みと反動を覚悟しないと出来ません…。

俺は、ただ、怪我でもすれば…と、その程度でしたから。

恨みはありましたがね。(笑)

まぁ、救急車で運ばれたのを見れたし、あの時の奴の姿も見れたんで、充分、気は晴れましたよ。

次、使用する事は、無いと思います。

では。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ