短編1
  • 表示切替
  • 使い方

新、金のおの銀のおの

15年前、ある男がおので子供を切り殺し、死体を泉に投げ捨てた。誘拐した子供だった…。

今、男はそんなことはすっかり忘れて、あの子供を捨てた泉に散歩をしに来た。すると水面が輝き、美しい女神が出てきた。

女神「あなたが落としたの は、この金のおの?」

男 「いえ、そんなものは 落としてません。」

女神「じゃあ、この銀のお の?」

男 「いえ、それも落とし てません。」

女神「じゃあ、この血のつ いた普通のおの?」

男 「あれは…。」

もしかして…ここは…子供を捨てた泉…?でも…おのはここに捨ててないはず…

女神は、男の答えも聞かずに、また何かいう。

女神「じゃあ、あなたが落 としたのは、この腐 った子供?」

男 「ギャアアアアァァァァ!!!!!」

女神が持っているのは、茶色に腐った子供の顔。目から下が、ちぎれて落ちる。

そう。その子供は15年前、男が殺した子供だった。

男は逃げた。逃げながら、男はチラッと振り返ると…

女神は殺した子供の母親の顔になっていて、恨めしげな顔で茶色く腐っていた。グシャッ

ドロ…

怖い話投稿:ホラーテラー はじこさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ