短編1
  • 表示切替
  • 使い方

アロエ

アロエはご存じでしょうか?

病気や怪我など何にでも効くということで、

昔は結構あちこちの家庭で持て囃されていました。

今はどうだか判りませんが、とにかく家庭療法の代表格でした。

昭和61年、岩手県の出来事。

その家は母子家庭で、お母さんと小学校3年の子供が団地で二人暮らし。

お母さんは普段からアロエ療法が大好きで、

何かにつけて料理に使ったり怪我などの治療に使っていました。

ある日、子供が煮立ったヤカンを持ったまま走って転倒し、

胸から太ももに掛けて大火傷を負いました。

ここまでは、ありがちな家庭の事故でしたが…

お母さんは慌てて子供の服を脱がせたのですが、

(察しの良い方ならすぐ気付くでしょうが)

布に皮膚が付着してそのままベロリと剥けてしまいました。

そこですぐ病院に行けば良かったのですが

お母さんはベランダで普段から栽培していたアロエを

露出した皮膚のあちこちへ、シールのように貼りまくって

3日それで通したそうです。

その内、子供に高熱が出て、さすがにお母さんも救急車を呼びましたが、

放置状態だったのが仇になって、火傷が治ってもケロイド状になって

見苦しい皮膚になるだろうということでした。

おまけに雑菌が皮膚に繁殖し、あちこち膿が出ていたそうです。

用途を見定めないとこういう事もあるんですね…。

怖い話投稿:ホラーテラー |=|さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ