短編1
  • 表示切替
  • 使い方

運命

ある男がいた。

その男は、他人に何か決められるのが一番嫌いだ。

ある日、その男が電車に乗ると、爺さんが喋りかけてきた。

「おい、お前の運命は全て俺が握っている。今から5分後に、お前はトイレに駆け込む。」と。

男は無視していたが、少し経つと急にお腹が痛くなり、電車が最寄駅に着くなりすぐに降りて、トイレに駆け込んだ。

トイレから出ると、先程の爺さんが立っていた。

そして、

「わかっただろう。お前の運命は全て俺が握っている。」

それからも、爺さんが言った事は全て当たり、男は苛立っていた。

次に爺さんに会った時に殺してやる、そう決めていた。

そして、爺さんが現れた。

男は爺さんを殺した。

すぐに死体を処理し、逃げ出した。

携帯を見ると、殺人をする前にメールが届いていた。

内容は、

『お前は今から俺を殺す。全てわかっている。お前の運命は全て俺が握っている。

今から一週間、お前は殺人をしたと言う罪悪感に自らを侵され、鬱になる。自殺はしない。』

多分爺さんだろう。クソアマ。

しかし、その通りに一週間、男は苦しんだ。

睡眠をとることもできず、食事もしようとしても、全て吐き出してしまう。

また爺さんの言う通りになってしまう。クソ。

そして、男は初めて爺さんの言った運命に逆らった。

男の死に顔は、満面の笑みだった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ