短編1
  • 表示切替
  • 使い方

吉野家

吉野家の牛丼は、もともと東京築地で牛丼の店として営業していました。味と早いサービスと安い値段で、人気のある店だったようです。「安い・旨い・早い」という吉野家のモットーはこのころからあったものです。お客はどんどん増えるのですが、一つの店では売り上げを増やすのにも限界があります。そこで、あるとき、これ以上売り上げを増やすためには、店を増やしていくしかない、とチェーン展開を始めたのです。

吉野家のような外食産業にとっては、店を増やせば仕入れが増えて、仕入れ単価が下がるというメリットが出てきます。店を増やして仕入れを増やせばその仕入れのための限界費用は、新しい店の仕入れコストではなく、そこから大量調達によって節約できる他の店の調達コスト削減分を引いたものとなります。

吉野家の牛丼の肉は、牛のある部位を集中的に使うため、米国から大量にその部分だけを輸入しています。それによって費用削減を実現しているのです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23110
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

吉野家の説明になってるwww