短編1
  • 表示切替
  • 使い方

あの夢は…

日曜日の朝、

夢の中で私は

眩しい陽射しを浴びながら布団の中で目が覚める。

いつもと同じだと思っていた朝、その中で私は何もないはずの部屋に違和感を覚えた。

よーく目を凝らしてみると足元に黒い何かがあった。(布団の中ではなく外側)

その黒い何かが私に向かって這ってくる。

近くに来たとき黒い何かがハッキリとわかってしまった。

髪の長い白い服を着た女の人だった。

(怖いって言うよりビックリの方が正しい)

そのまま目の前に来ると、突然首に腕が伸びてきて

首を絞めてきた…

表情は髪で見えなかった…

死ぬ寸前で目が覚める…

目が覚める前、

女の人が笑っていたと思います。

その時はじめて恐怖を感じました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ