短編2
  • 表示切替
  • 使い方

覚えのない電話

現代社会の必須アイテムである携帯電話。

そんな携帯電話に、覚えのない番号から電話がかかってきた、なんて経験をしたことはないだろうか?

機種変更をしてすぐ、全く覚えのない番号から電話がかかってきた。

無論そんなものに出はしないが、しつこく何度もかかってくるので出ちまったんだ。

『あ、ともこ?』

…女の声だ。

やはり覚えがない。

てか、ともこって誰だ?

『でさ、初詣なんだけど、車だしてくれないかな?』

こりゃ明らかに間違い電話だな。

その旨を伝えると

『間違い…?あり得ないし。

だってこれ、アドレスから掛けてんだよ。

とにかく、車頼んだからね。』

そんな感じで一方的に切られてしまった。

…声で分からないか…?

解約された携帯の番号は、半年ほど寝かせた後に再利用される。

だから、こんなことはままあるらしいんだ。

でも、今の俺の携帯番号はもう8年ほど前から使っているものだ。

いくらなんでも、契約中の番号を再利用ってことはないだろう。

ところが、だ。

その後も同様の間違い電話は頻繁にかかってきた。

平素、amaz○n以外から連絡のこない俺の携帯も大活躍だ。

俺と違って「ともこ」さんはかなりリアルが充実しているんだなぁ…

なんだか泣きたくなってきた。

流石にこれでは電話として機能しないので、改番したんだ。

それ以降は「ともこ」宛ての電話は来なくなった。

しかし、なんで8年も使ってた番号がこんなことになったんだろう?

「ともこ」って誰だったんだ?

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ