森② 自殺者とどう向き合うか?

長編10
  • 表示切替
  • 使い方

森② 自殺者とどう向き合うか?

森② 自殺者への対応

不適切なら削除OKです。自殺の話です。物語風に書いています。

これは10年前、僕が、ど田舎にすんでいた頃の話。

そこは、発展が遅く、地元の人が馬車で荷物を運ぶような所でした。

なにぶん、そこに住んでいた頃、自殺事件があいつぎました。

僕自身、当時若くて、死についてよく考えていた頃です。

よく富士樹海に自殺志願者が沢山集まるといいますが、

その土地は報道されていない分、とてもリアルで怖かったです。

普通、森で自殺というと首吊りをイメージしますが、

その土地で多かった自殺は、焼身自殺と劇薬による薬物自殺でした。

ある日のこと、P君が、

前々から死にたい死にたいといっているB君を心配して

森の中の絶景を見に行こう誘いました。ついでに俺らもいきました。

集まったのは全部で5名。

・ 死にたいといっているB君

・ 俺、you

・ 情熱家のP君

・ お調子者で、モテすぎる男A君

・ Pの友達、F君

集合場所は、この土地で唯一、自動販売機がある大きな施設の駐車場。

おのおの愛車に乗って集合場所にやってくる。

P君は、缶ジュースを飲み干すと、皆に軽自動車に乗れと命令する。

その絶景の噂は、先輩から聞いていたので、大方の予想はできていた。

確かに見晴らしは良いが、その場所へ行く道のりがデンジャラスであると……。

案の定、デンジャラスな道!

軽自動車一台分しか通れない砂利道。一歩隣に踏み込めば、崖の下まっしぐら。

その絶景が見える高台へいくのに、1時間くらいかかった。

その途中、落石・倒木があって、皆で協力し、崖に落として前に進む。

この共同作業、死にたがりのB君には効果があったようで、

彼はだんだんと元気になっていった。

しばらくすると、開けた場所に着いた。

樹木が鬱蒼と生えていたが、何十台分もの車が駐車できるスペースがあった。

5人は車から出た。

時は夏、熊除けの鈴をつけ、虻の襲撃にあわないよう、虫除けスプレーを体に吹きかける。

とても大きな二本の大木の間をすり抜け、いざ、高台へ。

高台にいくと、もう、信じられん!くらいの絶景がそこにあった。

B君も満足そうで、なによりであるが、話は急転換する。

その高台には、目新しい人工の塔があった。

そして、そのコンクリート張りの地面には、焼け焦げた跡が。

上述で述べたように、この土地では焼身自殺が流行っていた。

しかも、人間の本能なんだろうか、

決まって焼身自殺者は、野外で、なおかつ人工建物の上で自殺する。

ネット内にある焼身自殺動画もしかり!

彼らは、なぜか、人工建物の上で、自分に火をつけるのだ。

それが故にくっきりと焼け焦げた跡が。

5人は、目の前にある焼け焦げた跡が、自殺によるものとすぐに判断できた。

なぜならば、その焼け焦げた跡のすぐ近くに御札が貼ってあったからだ。

気分が落ち込むB君。P君は、その場をどうにか乗りきろうと俺たちに助けを求める。

P 「 B君、ごめんな。気分悪くなったろ? 」

B 「 別にいいよ。だって、しょうがないじゃん。

    けど、ここで焼身自殺した人ってどうなったんだろうね?

    苦しかったんだろうか? 苦しいよね、燃えるんだもん 」

F 「 御札があるということは、誰かが片付けたんだろ?

    仮に、熱くて暴れたとしても、最後は崖の下へ真っ逆さまじゃネ? 」

A 「 そうだね~、きっと誰かが片付けたんだろうね~☆ 」

しばらくして、俺がふと横を向くと、見たことがない花が咲いていた。

その花が、綺麗ならば良かったものの、どす黒い赤色をした異様な花。

のちに彼岸花と判明したが、自然界の彼岸花は、カブトムシ色である。

そして、その花がまるで川のように連なっている。

僕 「 珍しい花だ。なんて花だ? 」

B君がさらに落ち込む。その花が、まるでこの自殺者の餞(はなむけ)に見えたのであろう。

その花は、その高台から、さらに高い崖の上まで連なって咲いていた。

P君が、なにか思いついたようだ。

P 「 この花に沿って、あの崖、登ってみない? 」

場の空気がどんよりしていたので、5人は崖をよじ登った。

たどり着いた頂点は、とても不思議な場所だった。

ほんのり丸みを帯びた山頂で、当然、樹木が生い茂っている。

そして、積年の落ち葉によって、とてもフカフカ地面だった。

すると、Pが驚きの顔で、俺に話しかけてきた。

P 「 you、ちょっと、あれ見てみろよ 」

俺は、Pが指差すところを見た。

そこは、先ほど車を駐車した広場であって、

この山頂から良く見えた。そして、俺は驚いた。

先ほど、高台へ行く途中、大きな大木の間をすり抜けたのだが、

それは二本の大木ではなく、なんと神社の鳥居だった。

いきなり、雲行きが怪しくなる。風が強くなり日差しがなくなる。

次にFが叫んだ。鳥居とは別の方向だ。

F 「 なんだ、あれは! 」

樹木が鬱蒼と生え茂る山頂。獣道すらないのに、それは突然現れた。

背丈くらい伸びた草木の隙間から、古い建物が目に映りこんできたのだ。

その建物はまさしく異様な姿で、一言で言うと竜宮城というような建物。

瑠璃色や桃色を使った変なお堂だ

そのお堂は、右半分落ち葉に埋もれて、左側が見えている状態。

A 「 ここはきっと、昔の神社だったんだねぇ~ 」

僕 「 ……おいおい、もしかして、これは歴史的発見か!? 」

F 「 見る限り、この神社は自然消滅したんだな

    こんな荒れ道で、自動車で1時間なんて、わざわざ参拝する人いないだろう 」

P 「 この神社、結構、年代いってんじゃないだろうか? 」

好奇心旺盛な5人は、当然、そのお堂へ入る。罰当たりではあるが。

今、実を言うと、そのお堂の中のことはあんまり覚えていない。

ただ覚えているのは、3つの像があったこと。

たぶん明王、牛の擬人の像、肉食獣の擬人の像。

そして、その3つの像の前に、なぜか、真新しい大学ノートが一冊おいてあった。

下品な俺は、その大学ノートに手を伸ばす。

もちろん、そのノートがこの状況に似合わないと感じたからである。

ノートを手に取ると、そのページの隙間からひらりと何かが落ちる。

それはなんと、御札であった。

先ほど、高台の塔で見つけた御札とまったく一緒の。

僕は確信した。この場所は、自殺の名所であると。

不謹慎だが、そのノートを開いて中身をみた。

まぁ~、恥ずかしいといえば、恥ずかしいイラストが書いてあった。

このノートの持ち主は、きっと漫画家になりたかったのであろうと思われる品物。

そして、ページをめくるにつれ、狂ったような絵になっていく。

恨み節も書かれていた。ああ、これは自殺するわと感じられる文章である。

しかし、ちゃんと最後には遺言と、このノートの持ち主の名前と住所がかかれていた。

しばらくすると、Fが突如、不機嫌になる。

僕も、一度に二回も自殺現場を発見するのは、やはり縁起が悪いと思っていた。

ものすごく悩んだが、僕らはそのノートを警察に届けることにした。

もしかしたら、このノートの持ち主が、人知れず自殺して、

その家族が、彼(男性)を探しているかもしれないから。

と、いいつつ!!

実は、このノート、お堂から出した瞬間、爆風に吹き飛ばされて崖下へ落ちる。

この場を借りて、ごめんなさい。わざとじゃないです。

落としたのは俺です。

帰りの車中。どんどんと天候が悪化。とうとう雨が降り出した。

それと同時にB君とF君の様子が、変になっていくのを感じ始めていた

B 「 皆、ごめんね。俺を励ますために集まったのに 」

Fの不機嫌がとれない。

F 「 てめぇ、もう、死にたいなんていうなよ! 甘ったれてんだよ!

    俺は、お前なんかと死にたくはない! 」

激しい口調のF君。しかし、B君は、これほどのことがあっても安堵の表情

そんなB君をみて、僕も彼を警戒をし始める。

場を和ませようと、お調子者のA君が、言ってはいけない言葉をいってしまう。

A 「 二度あることは三度ある~☆ 

    次、御札を発見したら、どれほどの確率なるんだろうね? 」

まぁ~、このA君の言ったことが的中するのだが、事は複雑になる。

大雨の中、命からがら最初の集合場所へ戻ってきた。

土砂崩れに遭遇したら、僕らの命はなかっただろう。

すると、B君が急に腹が痛いと言い出す。

F君は、B君に対して、最後の友情を振り絞った。

F 「 腹が痛いだぁ! 早く野グソしてこいよ!

    雨だし、誰も見てないよ! 誰か着てもかばってやるよ! 」

B 「 そんなの、いやだ! 俺は、この施設に入って用を足してくる! 」

B君は、車から降りた。

彼はそのまま、その駐車場にある大きな施設の小窓に走った。

そして、彼はその小窓を、ガタガタと揺らすと、なんと、その小窓の鍵が開いたのだ。

B君はするり、その施設に入る。

当然、B君は不法侵入だ。すると、F君が、残った僕らに意を決して提案する。

F 「 ……おい、皆、Bを置いていこうぜ。

    だって、見てみろよ! あいつ、さっきからおかしいぜ!。

    平然に不法侵入しているぜ 」

確かに、その駐車場にあるその施設は、その日休みであった。

Bがなぜに、その小窓を揺らすと鍵が開くと知っていたのだろうか?と思う。

すると、情熱家のP君がF君に怒る。

P 「 何言ってんだよ、俺たち友達だろ! 待っててやろうぜ! 」

僕はFの気持ちが、ものすごくわかった。

行き返りのBの変貌振りが、ちょっと理解できなかったからです。

だけど、僕らも、勝手にお堂に入り、

自殺志願者の遺言が書かれたノートを、吹き飛ばしている。

僕らは置いてはいけないと判断した。

すると、B君がトイレであろう場所の窓を内側からバン!叩く。

疲れきってる俺たちは車の中で無反応。

お調子者のA君は、車からでると、

自動販売機の場所まで走り、ジュースをおごるからといって、皆をよんだ。

僕らも自動販売機のところへいく。

すると、またB君が、窓をバン!と叩く。

溜まりかねたFは、自動販売機のある所から、施設内へ聞こえるように叫ぶ。

F 「 なにやってんだよ!! はやく、クソしろよ! 」

そして、Fは振り返り、俺らのほうを見る。

F 「 おい、P! Bはもしかして、俺たちを驚かそうとしてんじゃないのか!

    ぶっちゃけ、お前のせいで、Bはおかしくなったんだぞ!

    高台なんて行かなきゃ良かったんだよ!! 

    残念だけど、俺はジュースを飲んだら、帰るからな! 」

すると、今度は、Bが悲鳴を上げる。

B 「 ア“ーーーーーー! 」

しかし、その悲鳴には、感情はなかった。

まるで、俺たちを弄んでいるかのような嘘の悲鳴。

B君の悲鳴よって、僕らは自動販売機から駆け出し、鍵が開いた小窓から施設内に入る。

俺たちも、晴れて不法侵入になってしまったのだが、事が事だ!

トイレに入ってみると、Bはニヤリと笑い、大便器の個室に入って、こちらを向いて立っている。

後から駆けつけた4人は、すぐさま、

『 その個室は、なんか変だぞ! ついでにBも変だぞ! 』と判断する。

なんと、その大便器の個室の中に、もう一つ、扉があったのだ。

個室IN個室の状態。

しかし、数学的に考えると、その扉の向こうの空間はわずか数㎝である。

しばらくすると、B君は、誰も頼んでいないのに、ゆっくりとその内側の扉を開く。

すると、案の定、例の御札が貼ってあった。

Bは俺たちを怖がらすように低音でいう。

B 「 これで三枚目だね~、ククク! 」

しかし、Bの考えとは裏腹に、俺とFはBに激怒した!

しかも、Fは、その場で何かに気づき、畜生!と言いながら、突然走り出す。

それを追ってA君も走り出す。二人は外に出て行った。

俺はBに言い放った

俺 「 何を考えているんだ、おまえわ!

    お前は、この御札が、ここにあったことを知っていただろ!

    なんで、高台にいたときに、この御札の事、言わなかったんだよ!

    なんで、わざわざ、俺たちを怖がらせることをするんだ!?

    なんで、急にふざけはじめたんだ、お前! 」

質問攻めの俺。Bは、予想外の皆の反応に困惑する。Pもわけわからず困惑。

すると、外に出て行った二人が騒ぎ出す。

F 「 こ、れ、は、洒落にならんぞ!! ぶらぁぁ! 」

A 「 youちゃ~ん、こ~れ~、まずいっすわ~(笑) 」

Aが、外側からトイレの窓をたたく。慌てて僕も外にでた。

そして、その二人がいる場所を見て、すべてを察した。

この土地で唯一自動販売機が存在する、この施設。

FとAは、その自動販売機の裏の隙間を見ていたのだ。

Aはお調子者なので、手を叩いて笑ってはいたが。

僕も、その自動販売機の裏を見ると、やはりその壁にも、御札が貼ってあった。

黒い焦げ跡もある。焼身自殺の跡だ。

どうやら、この自動販売機のあるところで、誰かが焼身自殺をしたみたいだ。

そして、事後、自動販売機を設置したみたいである。

この自動販売機と内側に扉がある個室のトイレは背中合わせで、

壁の外側と内側の両方に御札を貼ってあるという状態

その後の話(笑)

Fは次の日、姿を消した。

最終的に彼の捨て台詞がこうだった。

「 お前らは友達でもなんでもねぇ!最初から俺たちはハマっていたんだよ! 」と

Fの気持ちもわかる。

だって、当時の俺たち若者は、この自動販売機を夜の集合場所にしていたから。

さすがに気持ちが悪い。

Pは糞真面目だから、お堂の件を警察に話したらしい。

不法侵入の件は隠したようだが、

お堂の件で、俺とA君の名を警察におしえたみたいだった。

今の所、お咎めはないがね。

危ないBとは縁を切った。

しかし、その土地には、なにかしらの習慣があって、

その御札の存在は、最後までわからなかった。

怖い話投稿:ホラーテラー youさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ