短編1
  • 表示切替
  • 使い方

みーちゃん

私のおばあちゃんの家には日本人形のミーちゃんがいます。

ミーちゃんはしゃべります。

私は中学時代のころいじめられっ子で友達がいませんでした。

でもいつもミーちゃんは

笑ったり、一緒に泣いてくれたり、励ましたりしてくれました。

そんな私も高校生になり

友達もできて、ミーちゃんのことをすっかり忘れていました。

私はもうミーちゃんがいらなくなったので

お寺にあずけました。

お寺に行くときにミーちゃんに話しかけても

無反応でした。

もうミーちゃんはしゃべらない。ただの人形。

ミーちゃんはいつも元気つけてくれた。

そうなると悲しくなってきました。

気がつけば友達ができたのがミーちゃんのおかげ?

だって心を強くしてくれた

そう思ったときはもう遅かった・・・

ミーちゃんは燃やされててもうどろどろ・・w

ごめんねミーちゃん・・

と心強く思って拝んでた私。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ