短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ある悲劇

篤司は某投稿系のホラーサイトにはまっていた。

PCは故障していたが、携帯からアクセス出来るから大丈夫。出先でもトイレでも読める気楽さに、暇さえあればサイトに繋げていた。

投稿される作品も面白いし、その作品に対する、辛口なコメントを読むのも好きだった。

今日読んでいた作品は長くてとりわけ読みごたえがある…

携帯の充電が切れたのが、悲劇の始まりだった。

篤司は読みながら、便意を堪えていたのだ。

充電しながら読み続けていたので、トイレには持ち込めない。

トイレを済ませてから読めば良いのに、オチが気になって仕方がないのだ。

その作品は何話かに別れており、あと1話を残すのみであった。

残り1話…これだけ読んだら、心置きなくトイレに行こう!彼は最終章をクリックしたーと…

ーデーターベースに接続出来ません…云々ー

「またかよぉぉぉ!!」

篤司の絶叫が部屋にこだまして…彼の肛門が限界を越えた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ