短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ずっと昔、小学生の頃に住んでいた家の跡地にアパートが建ちました。

そこに本当に偶然ですが、友人が部屋を借りたそうです。

友人とは高校からなので、そこが元私の自宅だと知りませんでした。

勿論、そのアパートに曰くはないし土地にもありません。

少し離れたところに駐車場を借りました。

地域としては田舎ですが徒歩三分にコンビニがあり、公民館や昔ながらのパン屋や蕎麦屋なんかの小さい商店街があり、かなり生活しやすい場所。

友人は気に入っていましたが、駐車場だけが気になっていたそうです。

狭いけど道に面していて出入りしやすい。

だけど、真夜中に変な音が聞こえてくる、気がする。

ギイギイとぶらんこが揺れるような音。

民家があるから、ジムの器具かな。真夜中なのに迷惑だなぁと思っていたそうです。

引っ越しの話を聞き、住所を聞いた私はあまりの偶然に驚きました。

懐かしくてなんだか嬉しくなって、地元の友人に電話を入れました。

「そうそう八百屋さんが潰れて、今は駐車場になってるんだよ」

友人が借りた駐車場がそこかなと、すぐにわかりました。

ということは奇妙な音は、八百屋の隣にあった幼なじみの家の蕎麦うちの機械音かな?と思いました。

けど昔は、はた織りみたいな音だったような。

「八百屋のおじさん、歳だったもんね。入院でもしたの?」

「自殺したんだって。お店で首を吊ったらしいよ。朝、おばさんが発見して」

ギイギイという音は。

確認はしてませんが、もしかしたら友人が借りた駐車場スペースの上が現場なのかもしれません。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ