中編2
  • 表示切替
  • 使い方

寺岡

はじめまして。

田中と申します。

中学生です。

文がへたくそでごめんなさい。

僕の友達で小さい寺岡くんの話です。

寺岡くんの家に遊びに行くのは初めてでした。

ボロいアパートに寺岡くんはお母さんと二人暮らしで貧乏ですが、明るくて面白いので大好きです。

寺岡くんの家は、汚いアパートなんですけどせまくてむしあつかったので、嫌だなぁと思ってました。

WIIもPS3もない(PS2もない!)ので、寺岡くんの机の引き出しを見たら、日記があったので見ようとしたらダメだと言われたので二人でテレビを見て話をしてました。

お母さんが帰って来ました。

お母さんは薄汚い作業着のような服で僕にすごい笑って「いらっしゃい」と言いました。

麦茶をくれました。

それから、しばらくすると「田中君もご飯食べてく?」と聞かれましたがあまり美味しそうなご飯はなさそうなので、言えずにいると「食べてきなよー」と寺岡くんに言われたので食べることになりました。

白っぽい唐揚げでした。

パサパサした鶏肉を寺岡くんは美味しい美味しいと食べてて不思議でした。

僕はほとんど残してやりました。

次の日の朝、寺岡くんがいなかったのでみんなに言うと、寺岡くんのあだ名は鶏肉パサおになりました。

(笑

それから寺岡くんは少し暗くなりました。

しばらくしてまた寺岡くんに「遊びにくる?お母さんも是非おいでって言ってたよ」って誘われました。

貧乏で暗い寺岡くんと遊んでもつまらないので、そう言って断りました。

「この前、おじさんに遊戯王のカードもらったからあげるから来なよ」としつこいので無視しました。

友達にも無視するように言いました。

寺岡くんは放課もずっと一人で机に座ってておかしかったです。

一週間ぐらいで寺岡くんは学校に来なくなって、近所のマンションの五階から落ちて死にました。

遊んでて落ちたみたいで担任につれられてお葬式にクラス全員で行きました。

そのあとに僕だけでもう一回行きました。

お母さんは家に居なくて親戚の人が留守番をしてました、貸してたカードを返してもらいにきたと言ったらわからないからと家に入れてくれて一緒に遊戯王のカードをくれました。

その時にどうしても読みたかったので、寺岡くんの日記をカバンに入れて持って来ました。

読んでみると僕が無視したとか書いてあってムカついたので川に捨てました。

友達の悪口を日記に書くなんて最低だと思いました。

長々とすいませんでした、寺岡くんにムカつくだけで怖くないかもですが、僕的に家の雰囲気やいきなり死んだり怖かったので投稿しました。

怖い話投稿:ホラーテラー 田中さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7356
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

俺はお前が怖いわ
創作なら宮部みゆきの模倣犯並みに不愉快だわ
その点では凄いのか?

怖い話というより、非道い話。中学生なら、人生経験からして人の不幸をネタにした笑えない、シャレにならないこんな話でも怖く感じるんじゃないですかね。

あ。決してこの作品を容認したコメントではないですよ。人間ですから、老若男女問わず無意識のウチに他人を傷つけてしまう事はあるでしょう。それを責めたり批判したりするつもりはありません。しかし事実ならこんな事実を投稿する神経を疑いますし、創作なら、こんな不幸な出来事を心のどこかで期待しているその心中が一番恐ろしいですね。

どちらにしても、今のご時世に相応しくない投稿だと思います。

過去に・・・『コメントも作品の一部だ!』と言い放った投稿者がいらっしゃいました。
この手の作品(個人的には作品とは呼びたくないが・・・)には下記のようなこコメントが付く典型ですね。

“虐めた”と言う自覚の無い少年の心境を綴った作品の素晴らしさが、自分には分かり兼ねます。

ご馳走になった食べ物を残し、家庭環境を馬鹿にし、人間性をも否定する。
挙げ句の果てに日記を盗み、内容が気に食わなかったから捨てる。

ある意味では、この少年はとても恐ろしいので、怖い話としてはいいのでしょうね。

個人的には、こう言った読者が不快になるような作品は投稿を控えていただきたいですがね。

最低クズでカスですね。

創作物だと信じています。現実の話ならちょっと…