短編1
  • 表示切替
  • 使い方

学校で…

俺が昔通って中学校についこないだ、行ったのですがそのときはまだ6時頃で周りも少し明るく、先生方もいました。夜になり、校内に入り肝試し感覚で中を歩いていました。

すると奥の方から誰かがあるいてきます。

暗かったので俺たちは影に身を寄せて、通り過ぎるのを待ちました。

しかし一向に来る気配がなく、最終的に足音は消えました。

そして俺たちは先に進みました。

古い校舎に入ると、染みや何かで切ったかのような傷跡がありました。

すると 「あぁ…あぁ…あぁ…誰か…助けて…痛い…よう…。

」 俺たちは恐る恐る声の聞こえる場所まで行きました。

「誰か…いるの?……痛いよ…助……けて…よ…早く〜」 声がまたしたと思った瞬間です。

バタンッと何かが落ちるような音がしました。

俺たちは慌てて覗きました。

するとそこには人骨のようなものが、横たわっていました。

俺たちは逃げました。

車に乗りすぐ学校から離れ、警察に連絡しました。

次の日学校にいくと、警察官が白骨体を運んでいました。

その人骨は行方不明になっていた。

少年だったらしく、俺たちには感謝状が渡されました。

あの声は男の子の声だったのでしょうか。

怖い話投稿:ホラーテラー ミヨキヨさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
42400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ