病室のカーテンから見える足

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

病室のカーテンから見える足

「廃病院の巡視」を投稿した者です。

話の中に出てくる廃病院が、まだ現役だった頃の話をします。

うちの病院は、全部で10を越える病棟があります。

その頃、私がいた病棟には、ハイケアユニットと呼ばれる病室がありまして。

広い部屋に4床あり、ナースステーションの真横に位置していた。

そこには手術後間もなかったり、あるいは重篤な人が入るんですけどね。

実際、そこで亡くなった方も、多々いる。

ま……いちいち「誰か亡くなった部屋」とは意識してませんが。

で……

私がいた病棟、夜勤者は2人いた。

そのうちの1人として、私が夜勤をしていたときなんですけどね。

夜中の3時くらいだったか。

ハイケアユニットのAさんの点滴がなくなる時間だな……なんて思い立って。

交換用の点滴(厳密にはシリンジェクターという代物)を用意し、部屋に入った。

Aさんのベッドは、部屋に入ってすぐの位置だったんですけどね。

本来、重篤な患者は観察を容易にするため、カーテンは開けておくべきなんですが。

Aさんはとりあえず意識もあり、またナースステーションの小窓からベッドが覗ける位置にもあったため、この時はカーテンが閉められていた。

私はそのカーテンの中に入り、点滴を交換する。

ついでに点滴の刺入部位も確認しよう、漏れてたら厄介だ……などと、ベッド脇にしゃがみこみ、確認を済ます。

と……

カーテンの下の隙間から、誰かが部屋の奥に入っていくのが見えた。

あ~、夜勤ペアの先輩かな、なんて思いつつ。

とりあえず自分のやる処置を終えて、カーテンから出た。

そこでふと、部屋の奥に目をやる。

……さっき入ったばかりの先輩がいない。

…………なぜ?

急ぎナースステーションに戻ると、中にいた先輩に、先ほどハイケアユニットに入ったか訊ねる。

……案の定、入っていない。

ハイケアユニットに入室の患者は自力歩行は不可能、つまりトイレに行ってきたの何だのは有り得ない。

寝ぼけた他室の患者かとも考えるが、ハイケアユニットの真横のナースステーションにいた先輩は、部屋に入る足音を聞いていない。

他にも現実的な理由を考えるも、状況から全て否定されていく。

足の正体もわからぬまま、朝となり。

私が足を見かけたのも、それが最初で最後でした。

特に落ちも後日談もない話ではありますが。

人の生死に関わる場所には、日常の中にさらりと非日常が混ざり込んでくるという。

そんな話。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ