中編2
  • 表示切替
  • 使い方

航空機事故現場

自衛官だった父が、ある航空機事故の救助に出た際の話。

被害者が特定できぬよう、ややぼかして話させてもらいます。

当時、中堅の陸曹だった父。

通信手として事故現場に派遣されました。

山腹に通信所を開設、そこで通信業務をしていたとのこと。

時期は8月、まさに真夏。

散乱したご遺体の状態は、推して知るべしといったところ。

現場に出ていた自衛官、夜はだいたいが下山して宿営をしていたのですが。

山中に装備品など置き去りにできるわけもなく。

何名かは監視役として現地に残り、そこの天幕(テント)で宿営をしていた。

派遣されて数日目。

この日、父はその監視役として、山中に残る役割となった。

当然、辺りには人家の灯りもなく。

発電機があるため、天幕内に灯りはつくものの、外に出ればひたすらに暗闇。

元来、心霊現象なぞ信じぬ父でしたが。

ご遺体が近くにあるやも知れない環境には、いささか不安を感じていたとのこと。

とは言え……そこで役目を投げ出す訳にもいかず。

起きているから怖いのだとばかりに、父は早々に寝ることとしました。

が。時は8月、さすがに寝苦しい。

せめて夜風に当たれればと、天幕の外に出て寝ることにした。

夜中。

ふと、目を覚ます。

と……何か、すぐ近くで物音がする。

ずる……

引きずるような音。

何かな、不気味だな……

寝転んだまま辺りを見回すが、なにも見えない。

ずる、ずる……

近づく気配。

おそらく、大きくはない何か。

しばらく考え……一つの結論を導く。

ああ。ヒキガエルだな。

幽霊なぞ信じぬ父なりの、現実的な考え。

再び目を閉じる父。

ずる、ずる、ずる……

そうこうしているうちに、気配はすぐ脇に。

ずる、ずる、ずる、ずる……

そして、寝転んだ体の上を這う。

ただ、ヒキガエルには毒があり、迂闊に払うこともできず。

閉眼したままじっとしていると、その何かは反対側へと降りていった。

ずる……ずる……

物音が遠ざかるのを聞き、父は再び眠りに落ちた。

翌朝。

目覚めた父は、自分のいた場所の脇に、あるものを見つける。

昨日までここで働いていて、気づかなかったもの。

手袋。

奇しくもその日、その近くの高木の枝にて。

後に手袋の持ち主と判明するご遺体が発見された。

あの夜中の気配……

早く見つけて欲しい彼の合図であったのか。

ならばもし、父が目を開けていたならば。

見えたのはカエルでなく……

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
34500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ