短編1
  • 表示切替
  • 使い方

大里商店にすむ奴

ある日俺はお風呂に入るために風呂場へ向かった。 うちは風呂場をでた所に洗濯機があるのだがなぜか今日はやけに音が気になる・・・・・・・・・ しかし疲れているためかそれとなく無視して風呂に入った。

何分かたってやはり音が気になる俺は風呂をでて洗濯機を見渡したその時・・・・・・・・・・・ん?電気が消えたすると洗濯機の排水口から水の音が聞こえ、俺はなぜだか見てしまった

かち、電気がついた

見てしまったそれは紛れもなくただの汚水ではなく赤い血だった・・・・・

その日から俺は洗濯機に近づかなくなった。

怖くなくてすいません。

怖い話投稿:ホラーテラー おい!さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
12900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ