中編3
  • 表示切替
  • 使い方

 呪 

A高校は新学期から一年生が1クラス増えた。

その教室は今まで教材置き場としてしか使われたことのなかった教室だった。

梅雨に入った6月の半ばごろ、そのクラスのTは早めに学校についた。

教室に入ると早く来たせいか誰もいない。

ふと黒板を見ると赤いチョークで「呪」という字が大きく書かれていた。

Tは何かの悪戯だろうとそれを消した。

翌日、Tが朝一番に教室に入ると、またそれはあった。

Tはすぐに消したのだが、気味悪く思い、朝は学校を遅めに出る事にした。

それから三日後、Tが教室に入ると、黒板には最初に見た時と同じように「呪」の文字があった。

ただ違うのはその字が赤いチョークよりももっと濃い赤でまだ乾いていない絵の具のようなもので書かれていた事だった。

既に登校していたクラスメートも何人かまわりに集まっていた。

その日一番最初に登校したSに話を聞くと、「ここ3日ほど最初に教室に来てて、「呪」の字を消してたのだけど、気味悪い悪戯だから今日はこのまま残して、先生やみんなに見てもらおうと思った。」と言った。

朝のHRが始まるころには、クラスの大半が登校していて、字を見てざわついていた。

担任が教室に入ると、字を見て「誰がこんな事をしたのか?」と言い、TとSが今までの事をみんなに説明した。

職員会議で夜中に誰かが忍び込んで悪戯するのだろうという事になり、その教室は学校が終わると鍵をつけることになった。

しかし、鍵をつけたのにも関わらず、次の日も「呪」の文字はあった。

その字は赤黒く、黒板にこびりついて容易には消せなかった。

その日の授業で突然Tが狂ったようにわめき暴れ出し何人かの教師におさえられ、救急車で運ばれていった。

さらに次の日、学校が終わったらその教室に鍵をかけて、夜に校内を見回る宿直の教師がその教室の前で死んでいた。

死因はショック死だった。

生徒は混乱し、「呪」の祟りだと一時パニック状態になった。

そのクラスは臨時に教室を視聴覚室に替えることになったが、霊がいるだの、PTAにまで噂がのぼり霊媒師にお払いしてもらう事になった。

夜、校長をはじめ学校側の教師数名とPTAからの数名の立ち会いのもとに、霊媒師を呼んでの御払いがその教室で行われる事になった。

外は雨が降り蒸し暑いというのに、教室の中はうすら寒く、異様な空気が流れていた。

午前二時を過ぎた頃、霊媒師が「来ました。」と言った。

ろうそくの薄明かりに霊媒師が一心にお払いの言葉を唱えている中、皆は黒板に釘付けになった。

そこには何も無いのに「呪」の字がゆっくりと現れ、字からは血がしたたり落ちるように流れた。

次の瞬間字はフッと消えた。霊媒師はその場で倒れ、保健室に運ばれた。

しばらくして霊媒師が目を覚ますと、「お払いすることができませんでした。」と言った。

理由を聞くと、昔この土地で死んだ女の霊が現れたという。

立ち会いの何人かもその時女が見えていた人がいて、髪が顔が見えないくらい長く、白い服で、口から舌がへそくらいまで垂れていて、手の指先が切られ、その指で「呪」の字を書いていたと、皆同じ事を言った。

霊媒師によるとその女は強姦され、その時のショックで狂ってしまい、自分の指を噛み切り、自分の舌を噛み切り、井戸に飛び込んで自殺をしてしまったらしい。その井戸が教室の真下の位置に埋められており、だから女はそのクラスにとり憑いたと言う事だった。

女の怨念は凄まじく、お払いする事ができない為、その教室はおふだが貼られ、誰も入る事が出来ないように鍵もかけられ、一年の教室も別の教室に移されることになった。

今でもその教室には「呪」の文字が乾く事無く残っているらしい。

怖い話投稿:ホラーテラー pepikoさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
27600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ