短編1
  • 表示切替
  • 使い方

どうやっても通れない

10年以上も前の話です。

高校2年の頃、池袋にあるサン○ャインの3F飲食店街の蕎麦屋でバイトしてました。

そのビルは60階あるのは有名ですが、地下も深く、ビル内テナントの男性従業員更衣室は、確か地下3階か4階に有りました。

テナント数が多い為、ロッカーも多く、更衣室内の通路では、声を掛けて通らなければ、人にぶつかる環境でした。

ある日、勤務が終わり、同僚と3人で着替える為に更衣室に向かいました。

3人のロッカーは、自分を真ん中にして、それぞれ10人分位離れています。

各々が、ロッカーの前に立ち、着替え始める時点では、他の従業員は1人も居ませんでした。

しかし、途中から左隣で着替えていた同僚(同僚A)と自分の間に、だれか居る気配がしました。

特に気にせずに着替えを終え、帰り道の中、自分が

「着替え途中に来た奴、お疲れも言わずに出てったな」

と言った所、右隣で着替えていた同僚(同僚B)が、

「誰か居たの?」

すると、同僚Aが、自分と同僚Bに

「お前らの後ろ通って行ったんだろ?」

いやいや、自分の後ろを誰かが通った事実はありませんし、同僚Bも、同様に人は通らなかったと。

同僚Aは、こっちを通らなかったから、同僚B側を通ったと思ったそうです。

あの人は、どうやって更衣室から出て行ったんでしょうか?

あの場所は、いわく付きだと聞いた事が有ります。

怖い話投稿:ホラーテラー 蕎麦屋さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ