中編4
  • 表示切替
  • 使い方

吸人形

中学生の頃、祖母の家によく行った。

目新しい娯楽がある場所ではなかったが、田舎の家で、古いガラクタが蔵に押し込められており、珍しいものを発掘して遊んでいた。

ある時、蔵の裏手で新しそうな日本人形を見つけた。

えらく小奇麗だけど、何でこんな所にあるんだろう。

作りが精緻で、艶やかな顔には傷ひとつ無い。

なぜかこの人形に心が引かれた。

蔵の中で気に入ったものがあれば、何でも持って行っていいと祖母には言われていた。

女の人形が欲しいなどと言うのは恥ずかしく、僕はこっそり隠して自宅へ持ち帰った。

部屋の中で机に向かい、人形をしげしげと眺める。

随分現代的な顔立ちをしていることに気づいた。

思わず見とれていたら、つい人形を取り落としてしまい、床に落下する前に慌てて足を閉じ、人形を股に挟む格好になった。

途端、じわりと暖かい何かが僕の内股に広がった。

なんだか後ろめたい気持ちになってしまい、誰もいないのに思わず周囲を見渡した。

違和感を感じて再度人形に目をやる。

・・・。

足の間で、さっきよりも僕の胴体に近い場所にあるような気がする。

手に取ろうと身じろぎしたら、人形の口が僕の股間に触れた。

「う」

この時には僕の体は、完全に反応してしまっていた。

思春期とはいえ、作り物相手にこれでは、あまりにも情けなさ過ぎる。何やってるんだ僕は。

しかし、人形を持ち直そうとしたはずの両手は、いつの間にかそれの口を強く自分の下半身に押し付けていた。

こすり付けたり動かしたりはせず、ただ押し付けていただけで、すぐに僕は悲鳴を上げて終わってしまった。

荒い息を吐きながら、自分に何が起きたのかを理解しようとする。無駄な努力ではあったが。

人形があざ笑うように僕を見ていた。

それからはもう、人形が手放せなくなった。

学校から帰るとそそくさと部屋にこもり、人形を使う。

自分の手など、今更馬鹿らしくて使えなかった。

終わる時の感覚が、人形を使うのとそうでないのとでは別物だった。

経験が無いので詳しくは分からないが、性交の場合は、快感が徐々に上昇して頂点に達するのが普通なのだと思う。

この人形を当てると、自分の手を使った時とは桁違いの快感のピークが爆ぜる様に突然来て、一息にそのまま果ててしまう。

その時の感触も、ただ単に放出の快感が起こるのではなく。

なんと言うか、会陰部に下から無理やり細い腕か何かを打ち込まれて、その手で体液を鷲掴みにして無理やり引き抜かれる様な、暴力的な感覚だ。

終わった後しばらくはガクガクと痙攣して歯の根も合わない。

僕はすっかり人形に溺れていた。

3ヶ月ほど経ったある日。

突然人形が僕の部屋から消えた。

古いノートなどと一緒に丈夫な紙袋に入れて隠しておいたのだが、その袋が破れ開いて、紙片が散らばっていた。

母が見つけて処分したのかと思い、愕然とした。

その頃には、僕は人形を使う時は服を全て脱いで、直接下半身に押し当てていたから、人形には様々な匂いやその源となる体液が、たっぷりと染み付いていたはずだ。

人形喪失のショックと、それ以上に怪しい性癖を親に知られた激しい羞恥心で、死にそうだった。

しかし母親の態度は従来と何も変わらなかった。

母は人形の失踪とは無関係なのだろうか。

答えなど出ないまま、数ヶ月が過ぎた。

ある日同級生のムラタが、おかしな情報を仕入れてきた。

最近思春期の少年の行方不明者が、僕らの町で増えているという。

ムラタはとある公園の周囲で失踪が頻発しているので、その公園をこれから見に行ってみないかと僕を誘ってきた。

僕は予備校があるのでと断った。

ムラタは頬骨の張った顔をしかめて、じゃあ一人で行って来ると言って去っていった。

その夜、予備校帰りの僕は帰り道をいつもと少し変えてその公園に寄ってみた。

ムラタはまだいるだろうか。

少し前からトイレを我慢していたので、先に公園の公衆トイレへ向かった。

すると男性用のトイレのドアを開けて、髪の長い女の人が出て来たので驚いた。

女子用が使用不可というわけではなさそうな様子だったので不思議だった。

女の人も僕を見とめて意外そうな顔をした。

なんとなく面差しに覚えがあるような気がしたが、知り合いかどうかまでは思い出せない。

彼女は少し笑ったように見え、そのまま夜の闇の中に消えていった。

トイレに入ると、個室の扉が開いていて中が見える。

床に、手のひらから少し余る程度の大きさの、茶色い干からびた人形が落ちていた。

全裸の男性を模したような造形で、頬骨の張った顔立ちだった。

僕はさして気にもせず用を足し、ムラタを探して公園を歩いたが、会えずじまいだった。

下手に失踪事件に関われば、ムラタも危険な目に遭うかもしれない。

得体の知れないことに首を突っ込んでもろくな事は無いと、さすがに僕も学習している。

明日ムラタにあったらそう諭してやろうと思いながら、僕は帰途についた。

終。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
31700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ