中編4
  • 表示切替
  • 使い方

.com

今から2年前の話です。

ある夏の夜、友人のA君の彼女が留学することになり、A君と別れたということで。

彼を励まそうと、当時一人暮らししてた私の家で飲み会することになりました。

結局6人集まって、午後9時くらいから始まったんですが。

12時過ぎに、B君が「ちょっとテレビ見せて」と言ったので、みんなでテレビ鑑賞会になりました。

テレビでは普通にニュースやバラエティーが放送されてて。

普通に見てたんやけど、そのうち画面にノイズが入るようになりました。

「テレビ壊れてるんちゃうん??」

「壊れてへんって。単に電波おかしいだけちゃうん??」

と、話をしていると、突然画面が砂嵐に変わりました。

「砂嵐やで。これは重症やな」と誰かが笑った途端、

砂嵐の中に「死にたいドットコム」という文字が浮かびあがってきました。

「何これ??」

一瞬浮かび上がった文字は、すぐに消え、また元の画面に戻りました。

「今の・・・何??」

「死にたいドットコム・・・って書いてたよな??」

「うん。ちゅうかマジでキモイねんけど」

私たちは騒然として、とにかく気味が悪くてどうしようもありませんでした。

「とりあえず、テレビ消そう。気持ちわるすぎる」

「そやな」

そう言って、テレビを消しましたが、さっきの画面の話をしてました。

そしたらA君が「なぁ、お前のパソコンで調べてええ??さっきのん」

と言い出して、パソコンで検索をはじめました。

「調べるって・・・キモイやん。ちゅうか、見間違いかもやし」

「せやけど、ここにいてる連中、みんな見たやん。なんかの番組の番宣かもしれへんし。おもしろそうやん」

と言って、検索を始めました。

いろんな検索ツールで「死にたいドットコム」を検索しましたが、該当なし。

単なる見間違えちゃうか??ということで収まりかけてましたが、

「もしかしたら、sinitai.comって直接打ち込むんちゃうか??」

と、アドレスを打ち込みました。

すると、「一緒に死んでくれる??」

という画面が現れ、血まみれの女の画像が画面一面にでてきました。

「ちょっと、これマジでヤバイんちゃうん??」

「ちゅうか消せって」

あまりの画像の恐ろしさに、画面を閉じ、パソコンの電源を落としました。

「なんか・・・マジでヤバイような気がするねんけど・・・」

「番宣とかちゃうやろ、アレは」

「そしたら何なんよ??さっきのん」

と、みんなパニクってたら、イキナリテレビの画面が点いて、

大音響で「一緒に死んでくれる??」

テレビに現れたのは、さっきパソコンの画面に写った血まみれの女で。

その女と目が合った瞬間、私は意識がなくなりました。

気づいたら、夜明け前で、みんなお酒を飲んでました。

「さっきの女、何なん??」

「え??」

「さっきのんやん。何よ。アレ」

「せやから、何がよ??寝ぼけてるん??」

「え??」

私は気絶する前の出来事をみんなに話ました。

すると「はぁ??夢やろ。あんた夢みてたんやって」

とみんなが言いました。

「夢ちゃうって。あたし今まで気絶してたやん」

「あんたは、酒チャンポンして酔いつぶれて寝たの」

みんな、嘘をついてるようには見えず、あたしは夢だと思うことにしました。

実際、sinitai.comをアドレスバーに打ち込んだ形跡もありませんでした。

その日の午後、飲み会を終え、みんなが帰り支度をしていると。

バイトがあるからと私が酔いつぶれていた間に帰っていたA君から電話がありました。

「あんな、変なこと聞くけど、お前昨日の夜・・・」

「え??」

「いや、何もない。ゴメン」

そう言って、電話を切りました。

気になって、かけ直しましたが、すでに電源が切れて・・・のガイダンスが流れてきました。

それから、A君とは会ってません。

というより、A君とは連絡がとれなくなり、行方がわからなくなりました。

友人たちの間では「彼女と別れた傷を癒すために、放浪の旅に出てる」

と言われていますが、私にはそうは思えませんでした。

私はあれから、何度か「sinitai.com」を調べましたが、そういうページは存在しないと現れます。

夜にテレビを見ても、あんな画面は現れません。

一緒にいた友人たちはみんな「いや、お前の妄想やろ」と言って、相手にしてくれません。

そして1年経ったころ、偶然にもA君の元彼女と会いました。

彼女はA君と別れて数日後、A君から電話があったと言いました。

「カナダの寮にわざわざ電話してきて、『俺と一緒に死んでくれる?』とか言われてん」

「え??」

「なんか、酔ってたんかな。とりあえずスルーしてんけど、そしたら『Y(私の名前)は大丈夫やから心配すんなって伝えてくれ』って」

A君は、未だに行方がわかりません。

私はA君が彼女に言った言葉の全てが、気になって仕方ありません。

A君がどうなってるのか、凄く気になります。

でも、2年前に一緒にいた友達はみんな「夢やって、夢」と言って、今ではその話はタブーになりました。

怖い話投稿:ホラーテラー pekopiさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
33200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ