短編1
  • 表示切替
  • 使い方

消えた子供

数年前の初夏

イカが卵を産むために海岸沿いの浅瀬にやって来る

その晩は友人夫婦とイカ釣りの約束をしていました

堤防に夜の8時に集合な!そう約束し、7時半頃家を出た10分足らずで約束の堤防に着き、まだ来ない友人夫婦を待ちながら1人でイカ釣りを始めた

まもなく友人の声が…

お〜い!

ニコニコ手を振りながら夫婦で歩いて来た

私の隣まで来た友人が…

あれぇ〇〇〇は?

私の子供の名前を言った

んっ!?俺ひとりだよ

顔を見つめ合う友人夫婦…

今、〇〇チャン(私)の周りで〇〇〇(子供の名)みたいな小さな男の子が走り回ってたよ

なぁ、と友人は奥さんに同意を求めるように言った

うん…〇〇チャンの周りをぐるぐる走ってたよ…

奥さんは泣きそうな顔でそう言った

その日は釣りを止め家に帰る事に…

それからの友人は、自分の商売が上手く行くようになり

年収も200万未満だったのが、あっというまに1500万を超えた

今でもあの時見た子供は

『座敷わらし』だと思っていると言っている…

私は未だ良い事がない…

怖い話投稿:ホラーテラー アックマンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ