中編5
  • 表示切替
  • 使い方

お気に入りサイト

俺は現在a○の携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。

事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時に始まっていたと思うので、その辺りから話しを始める。

少し長くなってしまうので、少々お茶を飲みながら聞いて欲しい。

まず、俺の知り合いで携帯の不思議なサイトに詳しいやつがいたんだ。

まぁ、そいつを仮にYとする。

無料着信音楽ならここで、画像検索はここでっていうアングラサイト関連にあたるのかな?

そんなのを知り尽くした奴がYなんだけど、

前々から俺宛にYが

「ここのサイト面白いよ」

ってメールを何件か送ってたんだ。

付き合いって事もあったけど、アドレスがいろいろと興味そそるものが多くていくらかサイトを見て回った。

(送信してきたYはブラクラは踏まないから安心との事)

大体みて回ったが 怖い画像系が4割。 裏ポルノ系が3割。 あと外国のよく分からないやつが3割って感じだった。

その中で俺はひとつこれは面白いと思ったものがあってYに詳しく聞いてみることにした。

俺が目に付けたのは、心霊動画保管庫ってよくある掲示板だった。

ここは結構カウンター数は少ない割にはやばいのが沢山置いてある所だ。

Y曰く、

「あぁ、これ!俺の一番お気に入りのサイトだよ!」

と言っていた。

それを聞いてうれしくなった俺は、日長一日中心霊動画を漁ってて、それから一週間くらいはそれに夢中だった。

一週間後Yから

「ここのページ、もうそろそろ閉鎖するらしいよ?寂しいよな」

ってメールが来た。俺は悲しさが隠し切れなかった。

んでもって、俺が取った行動。

なんとか閉鎖だけはしないで欲しかったので、そのページにある誰も書き込まない掲示板に丁寧な文で

「毎日楽しみにしています…(略)…どうかやめないで下さい。お願いします」

と書き込んでいた。

掲示板では何も返事はなかったんだけどそれから2日後に変なアドレスからメールが来た。

メールの内容は「アgヒooo゙゛イイ」っていう文。アドレスは何も登録してないはずなのに「曰花」って書いてあった。

携帯のバグかなと思ってYにも相談してみたが

「意味不明だな…なんか凄いなお前」

と逆に尊敬されてしまった。

まぁ故障かなんかだろうってことで、証明写真をカメラで撮って、明日中にはa○ショップに行こうという程度の気持ちだった。

まぁ、変なことって言っても文字化けがでただけなので俺は普通にその日Yと夜中メールしてた。

その夜が一番怖かった。夜中Yと他愛のない話をしていたんだが

急にYのメールがおかしくなってきた。

というのは、メールの件名が「別別別別別別…」ってなっていた。

ちなみ本文は何も書いてない。

訳の分からない件名に急に鳥肌した俺は。

「おい…どうしたんだよ?Yってこんなキャラだっけ?」

といった感じのメールを送信した。

……30分しても返信が来ない。

急に返信が来なくなるのは時々ある。

だから俺は構わないのだが、今回の終わり方は最悪。

明日には会ってどうしたんだよ?と聞いてみようかと考えていた。

明日も朝から早いので、携帯に充電コードさして寝ようと思った。

電源コードを挿した瞬間、画面がプッツンと切れて焦った。

本気でやばいのかと思って、俺はもう一回充電器のコードを抜いて挿し直した。

どの携帯でも同じで、最初「POWER ON」みたいなの出るんだけど、その時の俺の携帯は違った。

明らかに液晶は点いているんだけど、画面全体が真っ黒。3秒間くらいたったのかな?

突然画面に女の人の真顔の動画が出てきて焦ったんだよ。

その女の人の真顔の動画って言うのが目とか口がなくてそこだけ黒く透けてんの。

ガチビビリな俺は、携帯のバッテリーを急いで抜いて切った。

そん時は寝られるわけもなく、朝まで起きてた。

次の日、Yは学校に来ていた。俺はさっそく昨日の件について話した。

Yは意味不明がって、挙句の果てに俺のことを尊敬してきた。

少し安心して、通学の帰りにa○ショップに行こうと思ったんだが、また登録していない番号から…今度は電話だった。

俺は何も喋らずにとりあえず録音だけ押して出た。

そのまま、5分くらいして勝手に切れたので急いでa○ショップまでいった。

色々と事情を、a○ショップの人に話したんだけど、文字化けしただけじゃん何言ってるのコイツ?状態。

いったん間をおいて

「とりあえず、修理に出してみましょうか?」

と、a○ショップの人が切り出してきた。

俺はそのまま流されそうになったが、急に電話の事を思い出し

「あ、ちょっと待ってください」

と大きな声を出してしまった。あの時は他のお客さんの目もあって恥ずかしかったな…

とりあえず、まずはスピーカーに繋いで聞いてみることに。

聞こえてきた内容は鮮明で、よくあるパソコンの電子音なんだけど、結構人の声としても認識できるほどの優れた感じで

「ゆうくんはどうしたの?ゆうくはどうしたの?どーしたの~?ど~…」

ここで切れた。絶句する俺と店員。店員は凄い焦った顔して

「大変恐れ入りますが、ただ今の音声は、お客様のお知り合いの方でしょうか?」

俺はとっさに焦って大声をまた出してしまった。

「こんな友達いませんよ!?いまの明らかに機械音だったじゃないですか!」

「通話着信された内容である以上、修理としてお引き受けする類の現象ではないと思われますが…」

「とりあえず、お願いします!ウイルスかなにかだったらホッとするんです!それだけでいいですから」

「……。」

店員は少し黙り

「こちらで預からせて頂きまして、一通りの検査を行います。日数を要するため代替機種を只今お持ち致します。」

といって代わりの携帯の手続きをした。

その後、落ち着いて俺は家に帰り、メールでYとテスト~届いた~?っ感じでメールを送信した。

あいつは今日絶対返信するとまで言っていたので、3分くらい携帯の前で待っていた…

…届いた!!!

ちゃんとメールの内容も「届いたぜ~」って帰ってきた。

凄くホッとしてまたそれを俺は返信した。

人間状況が変わるとここまで安心するんだなぁとも思っていた。

だがその後、とんでもないYのメールが俺の携帯に来た。

内容はこうだ。

「おい、お前の下の名前○○だよな…あの掲示板に○○様へ、別別別…って書いてあるぞ?」

なんかもう俺は泣きそうだった。

それからすぐ、またあの番号から電話が掛かって来た…

すかさず、俺は録音ボタンを押して聞かないようにした。

次の日にそれを聞いたとき、おれは聞かなきゃ良かったなぁと思った。

機械音声で

「決まりだからぁー決まりだからぁー」

無意味に怖かった。なんで、俺なんだよ…

もう精神的にも耐えられなかった俺は次の日Yにしっかりその内容を見せて貰った。本当にあった…

もう耐えられない…

今思うとあの動画を見てしまったから俺なのかと思ったりもする。

今度は御祓いに行こうと思っている。

なんだか今日はパソコンに立ち向かっているのが怖いので、これで終わりにする。

聞いてくれてありがとう。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Normal
閲覧数コメント怖い
14,2385
53
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

こわー。寒くなってしまった。冷房切る。

つまり俺の場合は巨乳人妻がやってくるんやねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

その後大丈夫でしょうか。
怖いです。
とても・・・・
わが身に起こったらと思うと。

今こうやって見てるのに、そんな事起きたら怖すぎ…