中編4
  • 表示切替
  • 使い方

話してはいけない

当時の私は高校も中退していて親からも見放された状態だった為、遊びよりも生活資金って感じで朝から夜までバイト三昧でした。

週1の休みには息抜きで時々友達と遊びにでかけたり、1日中寝ていたり。

当時は高校中退だったからDQN友達くらいしかいませんでしたけど。

バイトを始めた時からコツコツ貯めていたお金で免許をとりました。

母が新車を買うため古い軽自動車を無理やり押し付けられ、その車で夜中のドライブが日課になっていました。

バイトの疲れなんか気にしないくらい運転するのが楽しかったです。

夏頃にバイトの休み前日の夜に友達と心霊スポットの廃病院に行こうとなり向かったのですが、期待を裏切るように霊とは会えず。

そこに住み着いていたホームレスのおっさんにびびらされたくらいで、変に驚かされ仕方なしに帰ろうってなりました。

その帰り道、車内で怖い話をしようってなったのです。

友人Aは怪談が大好きで沢山話をしてくれたのですが、聞いているだけで満足の私にAは

「お前も何か話せよ」

と言ってきたので、家に居た時に携帯サイトで見た話を思い出して、話を聞かせました。

話の内容は、稲川の番組で放送中止になった話です。

確か内容は戦時のとある女霊の話だったのですが、詳しくは書けません。

要するに誰かに話したらいけない系統の話です。

当時の私はそんなの信じてる訳もなく得意げに皆に聞かせました。

これが間違いだったんです。

怪談話で帰りの車内は盛り上がって、そのまま各自宅へ友人を送り届け、その日は解散で終わりました。

未だ慣れない夜の運転に疲れた私は、体のだるさを感じつつ、家までの階段をのぼり、鍵を差し込み回せばドアの部に手をかけて玄関開けようと引いたんですが、

ガチャン

といって開かない訳。

鍵閉めてっいったよね??って疑問抱きながらも、もう一回鍵を取り出して玄関を開けて家に入りました。

早くお風呂に入りたくて、取り敢えず部屋の電気つけたらびっくり。

空き巣に入られたように部屋の中があれてました。

クローゼットの洋服やテーブルの上にあったものは床に散らばってるしで最悪です。

早く寝たかったものの、しょうがなく警察呼んで事情聴取を受けました。

いろいろ聞かれて気分は最悪の事情聴取終えてシャワー浴びて、明日バイト休みだから明日片付けようと思って寝室のベッドに飛び込んでその日は寝ました。

そして夜、金縛りに。

胸元に誰か乗っているのかと思うくらい圧迫されて更に首を締められるような感覚で、目は閉じていたのですが顔の前には気配感じて吐息がかかる。

気持ち悪いし苦しいし目を開けたくないのに自然と開きそうになり恐怖を煽られるも、疲れたからゆっくり寝たい気持ちが大きく苛々しはじめて心の中で

『眠いんだよ!!寝かせて!!』

って叫んだら簡単に金縛りがとけました。

体を起こしあたりを見るも何もいなく。

なんだ、呆気ない。って思ってたら耳元で

「あなたの体ちょうだい」

って囁かれ、ゾッとした瞬間、意識をうしなったようで気が付いたら朝でした。

情けない。

そんな事があった次の日の昼間、蒸し暑くて窓を開けながら部屋の掃除をし終えてテレビ見ていたのですが、急に恐怖心が襲ってきて家にさえ居たくもなくなった為、友人に電話をし急いで車の鍵もち、家の鍵を閉めて出ていきました。

急に出向いたわりには、快く迎えてくれて夜まで友人宅に居座わり、恐怖心どころか昨日車内で話した事もすっかり忘れました。

流石に明日バイトだし長いするのに罪悪感もあり礼をいって家に帰る事に。

家について中に入ると変に家の中の風通しが良くて焦げ臭い。

電気をつけてない室内は真っ暗で何も見えなく、どうせ近所の誰かが魚でも焦がしたんだろと思って電気をつけて窓の方をみました。

窓をみてゾッとしました。

エアコンとその周りの壁が真っ黒で、カーテンが半分以上燃えたらしく塵になって床に。

網戸に火種がとんだらしく燃えた跡のように大きな穴があいてました。

気持ち悪くて窓を閉めようと手をかけた瞬間、目の前に紫いろの着物に身をつつみ、左脚右腕がなく火傷をおった女が私を睨み付けて立っていて、目を見開き急ににやりと笑いかけてきて思わず小さい悲鳴をあげて尻餅つきました。

ニタニタニタニタ笑っていて、私死ぬかもって思ってたらスッと女は消えました。

暫く恐怖でその場に座り込んだままの私がいました。

後日、エアコンを新しくし業者に取り付けてもらいカーテンも網戸も新調しました。

話してはいけないと忠告文字もあったあの話をしたから、こんな事が起きたのだろうかと考えるも確信がない為偶然だって思うようになって数週間後。

バイト先に行く途中、車内のバックミラーにふと目をやると、紫色の着物を着た女が後部座席に座っており変わらずニタニタと笑っておりました。あの女です。

私は短い悲鳴をあげて視線を前に戻した瞬間、後ろから車に突撃されて全身打撲とあばらを骨折し病院に入院。

突撃された瞬間、ゲタゲタとでかい笑い声が聞こえたのをいまだに覚えております。

それ以来なにもないですが

もう誰かに話てはいけない系統は語ってはだめだなと思い知らされました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
47400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ