短編1
  • 表示切替
  • 使い方

足音

お母さんと弟が

買い物にいって

俺は1人

トイレで大をしていると

二階の窓が開く音

それに続き網戸が開く音

「誰か入ってきた!?」

俺はこう思った

その思いは確信へと変わる

階段を降りてくる

ギシ ギシ ギシ

何かを警戒してるかのように

静かに降りてくる

俺はどうしていいか分からなくなり

静かに ドアノブを握る

トイレに足音は近づかない

内心ほっとした

リビングを

あさってるに

違いない と思いながら

1時間近く

トイレに入っていた

俺は 汗だくになって

ずっと“何か”を

考えていた

その瞬間 ピンポーン

チャイムが鳴り響く

俺は今だ!と思い

トイレを勢いよく出た

玄関に走り 扉を開けた

宅急便でーす

と 男が1人

男はその人に

警察に電話してもらった

30分後 警察がきて

調べて貰った

だが荒らされた

形跡はない

何も無くなってもいない

だけど

飼っていたインコが

二羽姿を消していた

俺は悔しくて

泣いてしまった

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15510
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

なんで鳥だけ盗むんやい笑笑