中編6
  • 表示切替
  • 使い方

☆勉強物語★

あれは夏の日のことだった……。

先生 「テスト返すぞー」

俺「な、73点!? 母さんに見せらんねー」

多分母さんは何この点数ーと言って怒るだろう。考えただけでもおそろしい。

オレ、稲本ハジメ サッカー命の中学一年生。

友達A「オレ89点ー」

友達B「オレ96点ー」

俺「みんなできてる!!マズいぞ」

先生「今までに習ったことは次のテストに直結してる!夏休みにしっかり復習しとけよ」

俺「次のテストにつながってる?」

先生「例えば「文字と式」で間違えたヤツ!!」

俺「ドキッ」

次の式を文字式の表し方のきまりに従ってあらわしなさい。

−(χ×3)

=□

先生「2学期で習う方程式ではつまずいてしまうぞ!」

俺「難しくなってる〜」

次の一次方程式を解け

−3χ+5(8−χ)

=0

俺「さすがにやばいよなぁ 夏休み中に何とかしなきゃ」

俺「わっ サッカー調子悪いなぁ…」

俺「ん?」

石川リョウタ 小学校からの俺の仲間。

あれ?リョウタもサッカー調子悪いのか……

…あーあ

やべーよこんな点数

ピラ…

リョウタも俺と同じ73点だった。

俺「今までの内容がわかんないと次のテストタイヘンって本当か?」

リョウタ「こえーよなー 先生言ってたよな」

はぁ〜 どよ〜ん

俺「とりあえず帰ったらすぐ部屋にかくれよう… 「部活休んで塾行け」って言われたらどうしよう…」

ただいまー…

そろーり そろーり

「おっかえりー」

俺「ぬぁっ」

テストをとられた。

姉ちゃん「73点?!」

稲本ユキ 俺の姉ちゃん 高校一年生

俺「しーっ 母さんにきこえるー!」

姉ちゃん「あんた「2学期点数ダウンの法則」を知らないの?」

俺「なにそれ」

姉ちゃん「次のテストは今より点数下がるって話よ!」

俺「えーっ!」

次のテストは点数ダウン!?一度ハマったら抜け出すのは難しい!

夏休みに総復習しなかった人のうち60、5%の先輩が次のテストで点数ダウン!

一学期 73点

↓点数ダウン

2学期 63点

えー!!

姉ちゃん「夏に総復習しないと2学期のあんたは60点台だらけよ!」

俺「またまたー …それ姉ちゃんだけのことじゃないのー?!」

姉ちゃん「中一の夏休みをなめると痛いめにあうわよ… 中一の一学期の内容も高校入試にでるんだから」

俺「ひぇえぇー」

先輩に聞きました!

「2学期点数ダウンの法則」ハマってしまうのはなんで!?

理由1

テスト範囲が広くなるから

理由2

問題が難しくなるから!

理由3

行事や部活が忙しいから

高校入試の約30%は中一の範囲! だから夏に総復習は必要!

姉ちゃん「中一の夏に総復習しないと高校入試までちんぷんかんぷん!」

「中一の夏で決まるわよ」

カチコーン

姉ちゃん「あ 固まった もしもーし 言い過ぎたかな?」

その頃リョウタの家でも

母「塾申し込むからね!」

リョウタ「えーっ」

あーあ

ハァアアア…

俺「この夏何もしないと点数ダウンか…」 どうしたらいいんだ…

しばらく休む!?

俺「?!」

リョウタ「失礼します」

サッカー部先輩「…リョウタ!」

俺「待てよリョウタ! 休むってうそだろ?!」

リョウタ「…本当だよ 塾に行くんだ」

サッカー休む…?

リョウタが?!

俺「そんな…」

俺「ただいまー」

母さん「…ハジメ」

ゴゴゴゴゴゴ

母さん「これは一体どういうことかしら…」

母さん「こんなんだったら最初から塾に行かせればよかった!夏休みはサッカー休んで塾に行きなさい!」

俺「!! ちょっと待ってよ!休めるわけないじゃん! 練習行けないから塾はヤダよ!」

母さん「サッカーのことばかり考えてるから点数下がるんでしょ!」

俺「わかったようなこと言うなよ! サッカーのこと知りもしないくせに!」

バン!

母さん「ハジメ?!」

リョウタ…塾のために部活休んだんだよな…

俺「サッカー続けたい…けど点数下がるのもいやだ…どうしたらいいんだろ…」

俺「あ! 仲澤キャプテン?!」

仲澤キャプテン 中学3年生 サッカー部のキャプテン

キャプテン「ハジメ!」

俺「こんな時間まで練習…?」

キャプテン「どうした暗い顔して」

俺「実は…」

キャプテン「そうか テストが悪いから部活休んで塾行けってか」

キャプテン「たしかにこの夏復習しないと次はさらに点数下がるよ」

俺「でもオレ何したらいいかわかんなくて」

キャプテン「大丈夫だ!」

俺「え?」

キャプテン「この夏休みにはたった2つのことをやればOK!」

続き書きます。

まずは一学期の総復習をすること!さもないと…

一学期

一学期終わったからもういいや!

2学期

2学期の内容は一学期と直結してるからいきなりつまずくぞ! 2学期の内容ちっともわからん

一学期

次にニガテをつぶしておくこと!さもないと…

知らない 見えない 聞こえない

2学期は忙しいからニガテをつぶす暇がなくなるんだ!

俺「でも自分で総復習やニガテつぶしなんてできないし やっぱり塾に行くしかないのかな」

キャプテン「…それは違うぜ! 俺は中一の夏にマナトレを始めたんだ!」

俺「マナトレ?!」

キャプテン「夏休みっていっても部活で忙しいだろ?」

俺「うんうん」

キャプテン「でも「マナトレ」なら10日間の総復習で2学期のテストで10点アップねらえるぜ!」

俺「えっ」

俺「10点アップ?!でもホントに部活やりながらできるんですか?」

キャプテン「ああ!」

自分に合ってて効率的!だから部活と両立できるんだ!

俺「すげぇ!」

夏休み部活と両立しながら10点アップ目指すなら塾よりマナトレがオススメ!

キャプテン「塾だと4日連続であったりしてきついんだよ」

塾の場合…

決められた時間に1日2時間 英数国の3教科だけ

マナトレの場合…

キミの好きなときに一回15分!9教科!

俺「自分の好きな時間にできないと部活と両立しずらいっすね」

キャプテン「オレはサッカーあきらめたくないからマナトレを選んだ!やりたいことは自分で守らないとな」

キャプテン「お前にも両立できると思うぜ!」

俺「…はい!オレやっぱ部活続けたい!」

家に帰るとベネッゼから手紙が来てた。

10日間で10点アップ!先輩が言ってたのはこれか?!

俺「このチャレンジ見本をやってみよう!一回15分!オレに合ってるからムダなく総復習できるのか!」

このプレーヤーで単語のニガテが一気になくなるんだな!

俺「これなら部活で疲れたあとでもできそうだ!」

部活も続けて10点アップするにはマナトレしかない!

俺「…母さん!オレ…マナトレで10点アップしたい!」

母さん「だめよ!塾にしなさい!」

俺「部活やりたいから塾よりマナトレで頑張りたいよ!」

母さん「でもマナトレって質問できないんじゃない?」

俺「質問できて楽しい授業まであるんだ!」

2ヶ月からできるから2ヶ月だけでもやらせて!

母さん「…わかったわ!頑張りなさい!」

俺「やったー!」

そして終業式

先生「通知表配るぞー」

俺「ひぇー 悪っ ちくしょー2学期は見とけよ!」

俺「オレは夏休みの10日間で変わるんだ!よっしゃー!」

では、ここまで。 続きはまた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
35910
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ