短編2
  • 表示切替
  • 使い方

いわくのある部屋

どこにでもあるような、とあるボロアパート。

ここに住んでいる俺は、ある悩みを抱えていた。

今どき、ベタにもホドがあるのだが、毎晩心霊現象に悩まされる…それが俺の目下の悩みだった。

俺は思った。

『きっとこの部屋には、いわくがあるに違いない』

俺には確信があった。

なにせ、夜中になれば、ベタな幽霊たちによるベタな怪奇現象が目まぐるしく展開されるのだから…。

夜、ふと目が覚めると髪の長い女が両足を引っ張っている…閉まっていたはずの押し入れが開いていて血塗れの親子がこちらを見ている…風呂場に入ると小さな女の子が浴槽に沈んだままこちらを見上げている…全身黒焦げの男性が寝室の天井から逆さに降りてきて首を絞めてくる…。

それ以外にも、ちょっとしたポルターガイストやラップ現象など日常茶飯事だった。

ただ、身寄りや定職もない俺にとって、この激安アパートを去るということは、駅や公園での生活に直行することを意味していた。

心霊現象ごときで挫けるわけにはいかないのだ。

ある時俺は、この状況を逆手にとる妙案を思いついた。

この部屋にまつわるいわくを全て調べ上げ、その事実を大家に叩きつけて、家賃をタダ同然に引き下げてやる、というものだった。

探偵なんか、雇ったりして。

そうやって頑張って住み続ければ、幽霊たちだって脅かし甲斐があるというものだ。

それから1カ月が過ぎた頃、俺の部屋に探偵がやってきた。調査報告のためだ。

『で、どうでしたか?』

『はぁ、それが何と申しましょうか…』

怪訝な表情を浮かべ、言いよどむ探偵。

『この部屋にいわくがある、なんてレベルではありません。過去にこの部屋で起きた事、それは殺人や自殺、変死のオンパレードです』

その報告を受けた大家は、俺の構想とは違って、霊能者を雇い徹底的にお祓いを行った。

こうして俺達の共同生活は、あっさりと幕を閉じた。これからは静かな夜を過ごせそうだ。

今にして思えば、その賑やかな生活も慣れてしまえば楽しかったんじゃないか。

俺はそんな感傷に浸りながら、公園の芝生に寝転び、星空を眺めた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2130
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ