中編3
  • 表示切替
  • 使い方

私の居場所、み-つけた

これはちょっと長文になります。

私は、友人(SとR)二人と一緒に海に行ってきました。

2泊3日の旅行です。

遊び終わりチェックインをすませ、部屋に入りました。

303号室で、値段もとても安くて、大学生だった私にとって、嬉しいものでした。

あまりにも安かったので、

「ぼろい部屋だったりしてね・・・」

と心配したのもつかの間、そこはスィートルームに匹敵するくらいでした。

Sは、

「まさか、幽霊がでるから、やすいんじゃ・・・・」

なんて、冗談を言い合っていました。

「さ~て。明日も遊びたいし、速く寝るか。」

というわけで9時にはもう電気を消していたと思います。

ふっと目が覚めました。

朝5時。

SとRはまだ寝ています。上半身だけを起こし、二人の方へ顔をむけました。

(あ~まだ3人寝てるよ~)

と思いました。

その瞬間自分の思った言葉に身の毛がよだちました。

私たちは、私をいれて3人できてるはずです。

しかし、私の目の前には、・・・3人いるのです。

私は、速く皆目が覚めてくれ・・・!!、と、祈るばかりでした。

「ちょっと~K~おきな~」

二人は起きていました。

私は二人にさっき見たことを話しました。

「いるわけないじゃん。うちら怖がらせる為に言ってんでしょ?」

誰も信じてくれなかったので、結局、海に行くことになりました。

遊び、またあのホテルへ・・・。

電気を消して、いつ、誰が入ってくるのか調べてみることにしました。

夜2時を過ぎたころでした。

ガラガラガラガラ・・・

足音が聞こえてきます。

すると、私の布団の中で、

「私の居場所はどこ?ねぇどこなの?」

私は起きていると言うことを悟られないようにしました。

何分かたち、その人・・・っぽいもの?は隣の友人、そのまた隣へいき、

「あった。私の場所。」

といい、私から1番はなれたところへ・・・。

その時。

「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

Rの声でした。

私は慌てて電気をつけました。

Rは泣いていました。

なんか、血っぽいのが顔についた女が横にいた、と・・・。

しかしSは、全く信じようとしません。

そして3日目。

チェックインを済まそうとしたときSが部屋にカメラを忘れたというので、Sは部屋に取りに行きました。

1分もしないうちに、Sは、超全速力でカメラを片手に走ってきました。

「二人の言ってたことってマジだったんだね・・・私見ちゃったんだよ。」

カメラをもち部屋を出ようとしたところ、風呂のスモークがかった扉に女がへばりついていたそうです。

帰りの車の中、SとRが前に、私が一人後部座席にジャンケンで負け、乗るはめになりました。

私は途中から寝てしまいました。

10分ぐらいして、起きると、山の中を走っていました。

もう少しで山から抜け出すというときでした。

バックミラーに映った二人の顔が強張っていました。

私は隣へ目を向けました。

そこには、女が一人乗っていました。

「道に迷ったの。どっちいっていいか・・・分かんなくて・・・。」

私は汗がダラダラ流れるのが分かりました。

女はゆっくりといいました。

「ホテルからついてきたの・・・。」

足はがくがく震えていたのを覚えています。

「ねぇ。分かっちゃった。ここだよ、ここ。」

「え・・・」

「ここが・・・ここがそうなの。

私の居場所、み~つけた」

怖い話投稿:ホラーテラー 夏の草さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2710
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ