中編3
  • 表示切替
  • 使い方

人気のパン屋さん

『本場フランスのパン職人が丹精込めて焼き上げました』

今、いわゆる「お取り寄せ」で、とあるパン屋が人気を集めていた。

高温の焼き釜で一気に焼き上げられたパンは、ふっくらもちもちで、一度食べたら病み付きになるという評判だった。

そのパン屋は店舗を構えず、通信販売のみで商品を取り扱うスタイルで、ほんの数ヶ月前に開業したばかりだった。

初めは口コミでジワジワと人気が広まり、グルメ雑誌で紹介されたことがきっかけで、一気にブームに火がついたのだった。

都内の大学に通う、仲良し5人組の女子大生グループも、このパン屋の大ファン。

『私はフランスパンが一番好き』『クロワッサンもいいよね』『君たちまだまだ甘いよ。通ならやっぱり食パンよね』

陽気な彼女たちのおしゃべりには、いつもこのパン屋の話題が上がっていた。

そして当然の如く、いつしか話題は『小旅行がてら、このパン屋さん、見に行ってみない?』という流れに。

ちょうど5人の予定が合い、次の週末にその小旅行が結構されることとなった。

パン屋の詳しい所在はいくら調べてもわからず、車で5時間はかかる距離だったが、大体の場所は見当がついたため、楽天的な彼女たちは『行けばなんとかなるさ』と車に乗り込んだ。

『本当にフランス人が作ってるのかしら?』『江頭2:50みたいなオッサンだったらマジひくよねぇ〜』

そんな他愛のない話で車中は盛り上がり、長いはずの道のりも、気付けば目的地のそばまで来ていた。

『大体この辺だと思うんだけど…』

周囲を見回すと、遥か昔は人が住んでいた地域の様だったが、今では全くその気配はない。

『こんな場所に本当にあるのかな?』『今流行りのスローライフってやつ?』『ここまで人気がないと、ただ不気味なだけでしょ』

嫌な予感を感じはじめた彼女たち…。

しかし、そんな彼女たちの鼻を、かぐわしい香りがかすかにくすぐった。

『お!この香りはもしかして…』

香りが漂ってくる方向へ車を走らせると『あった!あれ、そうじゃない?』

目的のパン屋はそこにあった。

ちょうどそのとき、仕事が一区切りついたのか、建物の中からパン職人らしき人が姿を見せ、陽の光を全身で受け止めるように、大きく背伸びをしていた。

その姿は、いかにも本場フランスのパン職人という雰囲気を醸し出していた。

カーネルおじさんとジャムおじさんを足して2で割ったような風貌とでも言おうか。決して江頭的な要素はない。

パン職人は彼女たちの視線に気づくと、いかにも優しそうな笑みを満面に浮かべた。

その笑みに、彼女たちの不安や緊張も一気にほどけ、皆、弾けるような笑顔で微笑み返した。

が、次の瞬間、彼女たちの笑みは、一瞬にして凍りつくこととなった。

なぜなら、パン職人が出てきた建物は、どこからどう見ても、古ぼけた火葬場だったから…。

そして、彼女たちは車を降りることなく、来た道へ車をUターンさせた。

帰りの車中、誰一人として口を開くことはなく、行きの何倍にも移動時間が長く感じられた。

怖い話投稿:ホラーテラー 僕はあくまで三流投稿者さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5320
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ