短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ひきこさん

とある日学校でいじめられていた女の子がいました。その女の子の名前が、「ひきこ」という名前。ひきこさんは親にもいじめられ、先生にもいじめられていた。ひきこさんはもうがまんの限界でした・・・。そしてひきこさんは自殺することを決意しました。ひきこさんは自分のクラスの隣の空き部屋にいきました。そこで、ひきこさんは包丁を自分のお腹にむけて刺しました。そして、ちょうど時間が、5時55分55秒でした。それからひきこさんは自分をいじめていた人を殺そうと、5時55分55秒に学校の周りに出てきて、自分を見た人を殺しにくる。

ひきこさんは時速100キロの速さで追いかけてくる。追いかけられているひとは絶対助からない。

なぜかというと、ひきこさんはにおいで分かるからだ・・・。

家の中に逃げても、見つかってしまう。

ひきこさんは家のドアを

ドンドンたたいてくる。

急にドアをたたく音がやんだ。しかし後ろを向くと、窓もちゃんと閉めて、鍵もちゃんとかけて

ドアもしめてたはずなのに、後ろにひきこさんが

いる。そして,ねらわれた人はひきこさんに足を

もたれて、死ぬまでひきずられる・・・・。

そして、また見つけたら

死ぬまでひきずる・・。

あなたは、ひきこさんに

見つからないように、

気をつけてください。

怖い話投稿:ホラーテラー 花田まどかさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ