短編1
  • 表示切替
  • 使い方

影の手

3年程前の話。

この部屋に引っ越してから3週間ほど経った頃だった。

月に1度体調を崩し熱を出す体の弱い私は、その日も1日中ベッドで横になっていた。

ふと目が覚めた。もう夜になっていて、部屋はだいぶ暗かった。

暗闇に目が慣れ、眠気も失せて意識がはっきりとしてきた時に、携帯の着信が気になった。

しかし、携帯が見当たらなかった。

たぶん、ベッドと壁の間にでも落ちたのだろう。などと思っていた。

その通りだった。

着信音が鳴り、携帯の画面が光り、壁を照らした。

その時、光の中に妙なものが見えた。

影だった。下から太い棒のようなもの、上の方で5つに細く分かれている。

手だ。

そう思った。

そしてさらに、手の影は増える。

2つ……3つ……4つ5つ6つ……

音はしない。影のみが淡々と増えていた。

臆病な私は、恐怖のあまりに体を動かすどころか、呼吸すら出来なかった。

まるで、あの影に体を縛られ、首を絞められているような感覚だった。

ふっ、と体が楽になった。

気付くと、影はもうなかった。

と言うより、携帯の光りが消えていた。

起き上がり、部屋の明かりをつけた。

そこは、いつもと同じ部屋だった。

私はあれから、この部屋で何事もなく暮らしている。あれから3年経つが、変わった事は何もない。

あれは、何だったのだろう。

終。

怖い話投稿:ホラーテラー ドラゴン辰吉さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ