短編1
  • 表示切替
  • 使い方

死体を見るところだった

もう20年以上前の話。

小さい頃、近所によく遊んでくれるお兄ちゃんがいた。10こくらい年上で、私は「小野兄ちゃん」と呼んで慕っていた。

小野兄ちゃんは塗り絵や着せ替えなど、女子の遊びにも付き合ってくれ、当時の私は実の兄より慕っていた。

その日も小野兄ちゃんと遊んでいた。神社で石を拾っていた。当時動物に見える石集めにはまっていた私は、小野兄ちゃんが見つけた鳥の形の石をもらった。

しばらくして雨が降ってきた。

帰ろうと思い小野兄ちゃんを探した。

雷が鳴り出した。

小野兄ちゃんがいない。

心細くなった私は家に向かって走った。

お兄ちゃんは大人だから大丈夫。

大人だから

小野兄ちゃんが神社の裏山で首を吊って死んでいるのが見つかった。

最近になって、神社の境内から死体の場所まで石が点々と落ちていたらしいこと。死体の口に石が詰まっていたことを聞いた。

小野兄ちゃんは私に見つけてほしかったのだろうか。

雨が降ってなければ見つけていたのだろうか。

小野兄ちゃんにもらった石を今も捨てられずにいる。

怖い話投稿:ホラーテラー 合法さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ