短編1
  • 表示切替
  • 使い方

親の嘘

学校から帰って台所で麦茶を飲んでいると、床下の収納スヘ゜ースに死んだお母さんが押し込められているのに気がついた。

隣の部屋からお父さんが出てきた。

「由美?、お母さんはお前と私に嘘をついていたんだ…他に好きな人がいたんだよ。お前のことも捨てて出て行こうとしていたんだ、だから喧嘩になってさっき殺してしまった」

と泣き出した。

私はお父さんを警察に突き出すつもりはない。

このまま二人で暮らしていこうと思った。

着替えのため自分の部屋に行くとメモ帳の切れ端が落ちていた。

「由美、?逃げて お父さんは 狂っている」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,3600
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ