中編3
  • 表示切替
  • 使い方

男子高校生

よくある話だが、

私の息子は3才のころ、目に見えないものとよく会話をしていた。

それが始まったのは夫の転勤で某県に越してきて間もないころ。

始めは一人でお喋りしながら遊んでるだけだろうと思っていたが、よく聞いていると、明らかに誰かと会話しているのだ。

しかも相手の名前はアッキーというらしい。

「ママ、アッキーがジュース飲みたいって!」とか、そういうことまで言うようになった。

あるときは「これアッキーが描いてくれた!」と、息子が差し出した画用紙を見てみると、

3才児どころか私なんかが描くよりも上手にアン○ンマンが描かれていたりした。

はじめは気味悪かったものの、害はないし子守りしてくれてるし!?…… と、お祓いしようとかは全く思わなかった。

むしろ、気になって息子に

「ねぇ、アッキーってママには見えないんだけど、どんな人なの?」と聞いてみた。

息子「板橋のお兄ちゃんみたいな人だよ!学校に行く服も着てる!」

板橋のお兄ちゃんとは私の甥っ子のことだが、つまり今風の茶髪の兄ちゃんってことか。

学校に行く服=制服のことだから、つまりは今風の男子高校生?

息子「アッキーは、あそこのマンションに住んでたんだって!」

息子が窓ごしに指さす先には、赤レンガのマンションがあった。

アッキーの存在が明確になったような気がして、少し怖くなったが、とりあえずその後もアッキーとの共同生活が続いた。

しかししばらくすると「アッキーが意地悪する!」とか

「叩いた!」とか息子が大泣きすることが増えた。

あまり気にしていなかったが、ある日のこと、また息子が大泣きして私に訴えてくる。

「アッキーが、パパとママをバスに乗せて連れてくって。それでもう二度と返してくれないって…!」

カチンときた。

私は窓を開けてベランダを指さすと、「出ていけ!」とアッキーに怒鳴った。(見えてはいないんだけど…)

「何が気にくわないのか知らないけど、こんな小さな子供にそんな意地悪を言うクソガキは今すぐ消えろ!!」

そしてイライラしながら私はその場を去った。

その夜。

息子「…ねぇママ。ママが怒ってからアッキーずっとベランダにいるよ。可哀想だから許してあげて?」

…幽霊のくせに素直に私の言うこときいてるのか。

ちょっとウケたが

「いいの!」と知らんぷりをした。

そしてその日を境にアッキーは現れなくなった。

息子も最初は「アッキーは?アッキーは?」としつこかったが、徐々に忘れていってるようだ。

それとこれは後日談だけど、近所の人に聞いた話。

私たちが越してくる5年ほど前に、例の赤レンガマンションの7階ベランダから男子高校生が落下して亡くなったそう。

その子の母親が精神を病んでいて、飛び降り自殺しようとしたところを止めようとして、自分が落ちてしまったらしい。

名前まではわからなかったけど、おそらくアッキーのことだろう。

アッキーがうちの息子にあんな意地悪をしたのは、幸せそうな我が家に少し嫉妬したからなのかな?

よく分からないけど、なんだか悲しくなってお花を供えてきたよ。

それと…

あの世に逝くバスがあるのは本当なんでしょーか?

死んでみないとわからないけど、死んでるアッキーが言ってたんだから本当かもね。。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
44300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ