短編2
  • 表示切替
  • 使い方

同じ朝。

明日は待ちに待った修学旅行だ!

明日、クラスメイトのFに告白すると決めた親友Gを家に呼び、暗くなるまで作戦会議を練った。

あぁ…考えてるだけで楽しいや!

「このまま時が止まってしまえば良いのに!!」

母さん自慢のハンバーグを食べて、ワクワクしながら布団に入る―

…どうやら夢を見ていた様だ。

目が覚めるとカレンダーは修学旅行の前日だし、Gと遅くまで考えた作戦メモは白紙。

あんなにリアルな夢を見るなんて…

年甲斐も無く浮かれ過ぎていた事を恥じる。

昨日と同じ様にGと作戦を練り、母さんのハンバーグを食べて布団に入る―

目が覚める。

昨夜用意しておいた筈のリュックサックは空っぽで、TVからは昨日と全く同じ展開の朝の連続ドラマが流れてた。

学校が終わればGが来た。

うるせぇFが可愛いのは知ってるよ。

…本当は俺だって好きなんだ。

夕飯は母さんのハンバーグ。寝る―

また同じ朝が来た。

異変にはとっくに気付いてた。

苛々してた俺はGと口論になって思わず突き飛ばしたら、鈍い音と共にGは動かなくなった。

…少しスカッとした。

夕飯はやっぱりハンバーグ。寝る―

朝が来た。

またGが来る。

昨日よりも多めに殴ってやった。

どうせ明日になれば何事も無かった様に家に来るんだろ?

幸せそうな顔しやがって。

ムカつく。死ね。

ハンバーグはもう飽きた。

「もうこんな毎日は嫌だ!ハンバーグももういらない!」

また朝が来る。

そしてGも来る。

気がついてたら刺していた。

一撃かよ。つまんねーの。

そのまま無心で部屋を出る。

台所では母がオムライスを作ってた――

※この物語はフィクションです※

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2651
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

うん。
好き。かも!