短編1
  • 表示切替
  • 使い方

子供のいたずら

幼なじみがおかしくなった。高校卒業が間近に迫った頃。

原因はわからない。

誰かはレイプされたらしいと言った。

誰かはノイローゼだと言った。

誰かは虐待されているのだと言った。

真偽はわからない。

私は上京することが決まっており、幼なじみと最後の思い出を作りたかったが、会うとやっぱりどこか変で、頼れる優しい性格だった、昔の幼なじみの姿を思い出して、話しながら泣いた。

私が泣いている傍らで、幼なじみは西洋の拷問について話しつづけた。

上京して半年ほどした頃、幼なじみからワン切りがかかってくるようになった。

少なくて一回。多い日は30回ほど。

意図がわからないので、無視し続けた。

珍しくワン切りがなかった日の夜、幼なじみからメールがきた。

「電話気にしないでね。

子供が間違ってよくかけちゃうんだ」

絵文字がたくさん使ってあるそのメールを見てすぐ、地元の友達に電話して確認した。

幼なじみに子供はいない。

怖い話投稿:ホラーテラー 合法さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ