中編2
  • 表示切替
  • 使い方

人形

とある中古住宅。

そこへ、仲睦まじい3人家族が引っ越してきた。

一人娘は3歳になったばかりだが、なかなかのオシャマさんで、ママゴト遊びが大好きだった。

ある日、母親がいつものようにママゴト遊びをする娘を見ていて、ふとおかしなことに気づいた。

買い与えたことのない人形で遊んでいるのだ。

『そのお人形、どうしたの?』

『押入れの中で見つけたの。可愛いでしょ。名前はエミリっていうの』

母親は当然、薄気味悪さを感じたが、娘はとても気に入っているようだったし、大事そうにしていたので、さほど気にかけなかった。

しかし、2週間も3週間も毎日毎日朝から夜までその人形で遊んでいるので、母親はさすがに気になって聞いてみた。

『エミリちゃんのこと、ずいぶんお気に入りなのね。どうしてそんなに好きなの?』

『エミリちゃんね、いつも「一緒に遊ぼう」って言うから毎日遊んであげてるの。それに、他のお人形で遊ぶと怒っちゃうから』

母親は『まさか?』と思い、『お母さんにもエミリちゃん抱っこさせてくれるかな?』と、娘から人形を受け取り、くまなく調べた。

『やっぱり。この人形にはおしゃべりの機能なんてない』

その夜、母親は父親に相談した。

『それは気味が悪い。娘が寝ているあいだに、隠してしまおう』

両親はさっそくタンスの奥にしまいこんだ。

だが次の日、気づくと娘がまたあの人形で遊んでいたのだ。

『ママ、どうしてエミリちゃんに悪いことするの?タンスの中で淋しがって泣いてたんだから』

その日の夜、両親はめったに使わない押入れの奥に場所を変えて人形を隠した。

それでも娘はいとも簡単に人形を見つけ出し、いつものようにママゴト遊びをしているのだ。

そんなやり取りが1週間も続き、あまりな気味悪さに両親は決断した。

『もうこうなったら燃やしてしまおう。娘には悪いが…』

その夜、娘が寝たのを確認すると、両親は庭先で人形にガソリンをかけて燃やした。

次の日の朝、先に起きていた両親のところへ、まだ眠そうな娘が起きてきて、こう言った。

『エミリちゃんが呼んでる。助けてあげなきゃ』

そう言うと、パジャマ姿のまま、ベランダから庭先へと出ていった。

『そんなはずはない』

両親は半信半疑ながら、娘のあとを追った。

すると、娘は庭の片隅でおもちゃのスコップを片手に地面を掘っている。

両親は不気味な予感を感じながらも、その様子を黙って見守った。

『あ!見つけた!こんなところにいたのね。淋しかったでしょ』

そう言って、娘は地面の中から大事そうに何かを拾い上げた。

嬉しそうにこちらを振り向く娘。

その手には、小さな小さな頭蓋骨が抱えられていた。

怖い話投稿:ホラーテラー 上腕二頭筋さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4090
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ