短編1
  • 表示切替
  • 使い方

湖西線での話

ある車掌が京都行きの列車に乗務していた。

終電近くのため車内の乗客は数えるほどしかいなかった。

北小松に着いたとき、一番後ろの車両に若い女性が乗ってきた。

彼女は発車するや否や「すみません。この列車は吹田へは行きますか」と尋ねてきた。

この列車は京都止まりで、吹田へは京都でお乗り替えですと答えると

「そうですか…」とさびしげに席へ戻って行った。

外は雨も降っていないのに彼女の髪はぐっしょりとぬれていた。

列車が近江舞子に着くと彼女は降車していった。

「行き先を変更したのか」と思っていると、間もなく比良に到着した。

列車が駅のホーム中央に来た時にふと車窓をみると、近江舞子で降りた先ほどの女がホームに立ち、

こちらをじっと見つめている。

「偶然に似た人か?」と思っていると次の駅でもその次の駅でも先ほどの女がホームに立っている。

「車で移動するにしても列車にはおいつけないだろうし…いたずらにしては手が込んでるな」と思っていると乗務員室のドアがノックされた。

ついさっきまでホームにいたはずの女がそこに居て思わず後ずさりした。

彼女は髪から水滴をしたたらせぼんやりとした表情でこう言った。

「帰りたい、帰りたいんです…」

その後、その車掌はその女を見たことはなかった。

同僚にも同じ経験をしたという話も聞かない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
33000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ