中編2
  • 表示切替
  • 使い方

先輩の体験

wallpaper:17

これは、俺の先輩が実際に体験した話。

その日、先輩は彼女(A)と、友達(B)、B

の彼女(C)の四人で地元では有名な心霊

スポットにいったんだ。先輩はそういう

所に行くのは苦手な方らしんだけど、

Bが心霊スポットとか行くの大好きで、

半ば強引に連れて行かれたらしい。

場所というのは、山奥の水が綺麗な滝

がある場所で、昼間行くと、水をくみに

来てる人がいたりしてさほど怖くないん

だけど、夜中になると真っ暗で林はお生い茂ってて、いかにも幽霊がでそうって所らしいんだけど、そこに夜中2時ごろ行ったんだって。

wallpaper:109

そしたら、入り口に駐車場があるんだけど、先客がきてて四駆車が一台とまってたらしい。先輩はちょっと安心したみたいだけど、Bは「なんだよ!他にも人いんじゃん」ってちょっとテンションが落ちたみたい。

そんでじゃぁ俺たちも行こうかって時に、AとCが怖いから行かないっていいだした。先輩もBも、せっかく来たんだし、俺たちだけで行くかって事になった。入り口を入ると、鳥居みたいなのがあって、その先に吊り橋か普通の橋?があってそこを抜けると滝があるらしいんだけど、その橋に差し掛かった所で、滝の方から声が聞こえたらしい。何やら先に来てた人達が話ながら帰って来る様子。すれ違おうとした時、先客「君らも心霊スポットだから来たの?でもココ全然怖くないよ!」

B「マジ?でもせっかく来たし、行ってみるよ」

相手は先輩達と同じくらいの年の人だったらしく、それから地元何処?とかたわいも無い話をいくつかしていく内、ちょっと仲良くなったらしくて、Bが「せっかくだから皆で写メ撮ろう」って言い出して、結局先輩が撮る事になった。それから先客に別れを告げ、滝の方へむかった。先客が言う通り、滝に着いても特に変わった事も無く、呆気なく駐車場に帰ってきた。

wallpaper:132

すると、先客はもう帰ったらしく、自分達の車だけがポツンと止まっていた。中に乗ると、AとCは車ん中でお喋りしてて、先輩達が帰って来ると、

A「遅いよっ!ココ薄気味悪いから早く帰ろう!」

先輩「ゴメン!先客と仲良くなっちゃって、さっき駐車場に来たろ?」

A「ううん、来てないよ!そもそも先客なんか居なかったじゃん!」

先輩・B「エッ…!?」

A「もぉ、そういうのマジやめてよね!

タダでさえ怖いんだから、嘘つかない

でよ!」

先輩とBは、一瞬で血の気が引いて、

急いで車走らせて町まで帰ったらしい。

その後、写メ撮った事思い出して見て

みたら、そこには楽しそうにピース

してるBしか写ってなかったらしい…。

それ以来先輩達は二度と心霊スポット

には行かないって言ってました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
35810
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ヒィヤァァァァ