短編1
  • 表示切替
  • 使い方

携帯電話

これは、俺の友人から聞いた話しだが…。

ある春の夕暮れ時、その友人(Aとしよう)が、家でテレビを見ていた。

家には誰もおらず、A一人だった。

外はもうすでに暗くなり、電気をつけまたテレビを見入る。

少したったころ、Aはテレビを見ながら眠気がさし、半分ウトウトした。

そして、どれくらい時間がたったか、ある声でめがさめた。

その声は、どうやらテレビから聞こえるようだった。

最初は、(テレビの音かな?)と思ったんだが、どうも様子が違う。

なんか、お経みたいな…。

Aは寝ぼけるか?と思ったんだが、次第に声ははっきり聞こえてきた。

やはりお経だ!うわっ!!と体をのけぞった。

そのとき、コタツの裏っかわにあった携帯電話が大音量で鳴りだした。

Aは(誰だ?親かな)と思い電話に出た。

(もしもし…)しかし、反応がない。

立て続けに(もしもし~)かすかに電話ぐちで声がする。

Aは(なんだ!?)と思い無言で聞き耳を立てる。

すると、電話ぐちからは男の太い声で永遠とはっきりお経を唱えていた。

うわっ!!Aはその携帯電話を投げ捨てた。

そしてあることにきずいた。

その携帯電話半年も前から使えない電話だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ