短編2
  • 表示切替
  • 使い方

警察署

これは私が大学二年くらいの時の出来事です。

当時、私は阿佐ヶ谷で一人暮らしをしておりました。 

今じゃ、夜な夜な飲み歩いては泥酔したり彼女に叱られたり…という生活が主ですが、学生時代は割と品行方正な方で…(苦笑)バイトが終わればまっすぐに家へ帰宅し、読書や音楽を楽しむという生活を送っていました。

その日もバイトで疲れきって、TVを見てるうちに寝てしまっていたようでした。。。

熟睡しているとチャイムの音で目が覚めました。 

時計を見ると夜中の1時…。 

当時、付き合っていた彼女も居なかった為、友達が飲んでいて終電逃して泊めてくれとかそんな感じかな~とか思いつつも、めんどくさいと思いながらインターホンに出る私…。。。 

私「はい…?」 

インターホンの主「阿佐ヶ谷警察署の者ですが、音楽の音がうるさいと苦情が来まして、お話をうかがわせていただきたいのですが…」 

私「はぁ……?」 

え?ステレオ付けてないし……。

付けっぱなしのTVもタイマーオフで消えている。

とりあえず眠いし、変なクレームいれる隣人(?)にもイラつくし…と思い寝呆けたフリをしてみた。 

私「え~…¥≠#%&*\$!?!?」

インターホンの主「とにかくお話をしたいので開けてもらえませんか?」  

私「眠いし、音楽聴いてねーよ!」 

そこでインターホンを切ってベッドに潜り込んで布団を頭からかぶる。。。

その後にも何回かチャイムが……

とにかくその時は何で私がこんな事言われなきゃならない!?

そんな事を考えながら眠りについていた。

後日、友達にその夜の話をしたところ…友達が 

「ちょっと待って!阿佐ヶ谷警察署なんて無いよ!!!あそこの地区の管轄は杉並警察署よ!!!」 

いっきに腕に鳥肌がたった。

確かに調べてみたら『阿佐ヶ谷警察署』というのは存在しなかった。 

あの時、もしドアを開けていたら……。

その後は夜中に一度もチャイムはなってません。。。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
65200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ