中編3
  • 表示切替
  • 使い方

wallpaper:182

病院での出来事です。

私は看護師で個人病院と言う事もあり

夜勤は看護師一人とヘルパー一人で

勤務していました。

いつものように夜勤につき

21時の巡視が終わり

カルテ入力をしていた時です。

ナースステーションの床に

黒い虫がいました。

黄金虫を小さくしたような虫です。

夜だから虫もいるかぁ‥。

くらいにしか思わず

カルテ入力していました。

半分くらい入力が終わり

ふと床に目をやるとまださっきの

虫がいました。

何となく見ていると

虫がナースステーションのドアから

出ていきました。

カルテ入力を再開しながらも

なぜか虫が気になり

入力を終えてナースステーションから

出て虫を探してみると

病室の前にいるのを見つけました。

いつもなら、ホウキなどを使い

外へ捨てるのですが

見た事のない虫だった事もあり

暫く様子を見ていました。

すると、ナースステーションの正面にある部屋へとドアの隙間から

入って行ったんです。

巡視もありましたし、部屋を覗いてみると患者さんは特変もなく

眠っていました。

私が患者さんの部屋を出る頃には

虫は部屋の入り口から廊下に出て

隅の方を歩いていました。

虫に合わせるかのように

虫を見ながら歩いていたのですが

虫は先程入った部屋の隣の部屋には

入らず廊下の隅を歩いていました。

私は巡視があったので、患者さんの

部屋に入り特変がない事を

確認し、再び廊下へ出ました。

虫は私を待っていたかのように

廊下にいました。

次の部屋にも虫は入りませんでした。

そして、虫が最初に入った病室より

四つ目の部屋の前へきました。

その四つ目の部屋に虫が入りました。

変な虫だなぁ。と思いながら

その後、巡視を済ませ

ナースステーションへ戻り

カルテ入力をしていた時です。

モニターを付けている病室から

急変のブザーが鳴りました。

処置のカートを押しながら

病室へ向かい患者さんを見ると

すでに虫の息でした。

ドクターを呼び処置をしたのですが

その患者さんは亡くなりました。

死後の処置を済ませ片付けていると

再び今度はナースコールが鳴りました。

駆け付けると患者さんは

吐血をしていました。

処置をしながらヘルパーさんに

ドクターを呼んでもらい

手は尽くしたのですが

この患者さんも亡くなりました。

個人病院と言う事もあり

1日に二人もの患者さんが

亡くなるのは珍しい事で

バタついていました。

片付けも時間がかかりましたが

片付けが済む頃に

気持ちにも余裕みたいなものがあり

考えていました。

虫の入った部屋の患者さんが

亡くなっていたんです。

虫の知らせだったのか虫が迎えにきたのかはわかりませんが

私が夜勤の時は必ず亡くなる人の

病室へあの虫が入っていきます。

他の看護師に話をしたのですが

誰も虫を見掛けていないそうです。

虫が現れると早めに処置セットなどを

準備する事は出来ますが

患者さんが今日もなくなると

思うとかなしくなります。

虫の話は以上です。

長文、駄文ですみません。

読んで下さった方ありがとうございました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
30600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ