怖いというより、不思議な体験

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

怖いというより、不思議な体験

高1の時の話です。

ありがたい話、私立の高校に行かせてもらったんですが、

毎朝、職員室に教室の鍵を取りに行って

ドアの鍵を開けていたんです。

普段であれば、いつも早く来る人が開けるんですが、

たまたま僕が開けることになったんです。

中には誰もいないと分かりつつ、

ドアを開けようとしますが、

当然、誰もいないわけですからね、

ドアは開きません。

それで、鍵を取りに行こうと、

職員室に向かって歩き始めました。

すると後ろの方で

カチャ

鍵が開くような音がしました。

(なに?)

と思い、ドアに手をかけ、

横にスライドしました。

するとドアは開きました。

内心、パニクりました。

しかし、開いたので

鍵は取りに行きませんでした。

後から、他のクラスの先生が

僕のクラスの鍵を持ってきて

初めて、どういう事だとなり

僕は、合ったことを言いましたが

当然のように信じてくれませんでした。

当たり前と思いつつ、

府に落ちませんでした。

結局、この話はうやむやになりました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ