中編2
  • 表示切替
  • 使い方

寝言

うちの親父はよく寝言をいう。

ある夏の晩、俺は深夜まで友人と遊び、自宅へ車を走らせていた。

自宅に帰る途中にはAダムがあり、そのルートを通るのが一番早かった。

丁度Aダムの辺りに来たとき、カーラジオを聴きながら、ふと時計に目を落とすと深夜2時を回っていた。

早く帰ろうと思い、アクセルを踏む足に力を込めたとき、

橋の上を白いワンピースを着た女の人が歩いているではないか・・・

一瞬の躊躇の後、俺は車を停めた。

以前、友人が同じような状況で通り過ぎたら、二日後に不幸な記事が載ってしまった・・・

あの時停まっておけば・・・という話しを聴いていたためだ。

内心恐怖に怯えつつも車を降りて声を掛ける。

「あの、こんな時間にどうかなさったんですか?」

「・・・・・」

「良かったら、町まで送りましょうか?」

「・・・・・」

嫌な空気と寒気に一刻も早くこの場を離れたいと思った時、

女の口許が開いた、しかしボソボソと喋るだけで何を言っているのかは判らない。

「えっ、何ですか?」

そう言いながら近づくと、不意に女は俺にしがみついてきた!!

突然のことに俺はビックリしたが、驚いたのはそれだけではなかった。

女の体がこの世のモノとは思えない程に冷たかったからだ・・・

女は俺の耳許で囁いた、

「ここは暗くて冷たいの・・・」

俺は思わず目を閉じ、身体を強張らせた。

次の瞬間、女の身体は煙の様に消えていた・・・

俺はガタガタ震えながら車に飛び乗ると、アクセルを吹かしてその場から離れた

一秒でも早く家に着きたかった、

暫く走り、トンネルを抜けると町に着く、早く暗闇から抜け出したかった。

トンネルを抜けると直ぐに交差点がある、信号は青、アクセルを踏む足に力を込める、

その時、

「行くな~!!!!!」

車内に男の叫び声が広がった。俺は思わず急ブレーキをかけた

次の瞬間、信号無視の大型トラックがバンパーを擦るように通り過ぎていった・・・

一瞬の沈黙の後、俺は家に車を走らせようとした時、

今度は女の声が耳許で

「死ねばよかったのに」

と囁く声がした・・・

その後は幸い何もなかったのだが、次の日の朝食時、母親が親父に向かって

「寝言はイイけど叫ぶのは止めてよね~」

と話すと、親父が、

「スマン、夢んなかで○○が事故りそうになって思わず・・・」

という、会話を聞き、俺が

「それっていつ頃?」

と聞くと、母親が茶化しながら

「2時ごろじゃ?『行くな~!!!!!』だって(笑)」

と言ったが俺は笑えなかった。

やっぱアレだな、停まっちゃだめだな

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
29000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ