メリーさんからの電話(コピペ)

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

メリーさんからの電話(コピペ)

ある日、俺は午後になったあたりから体に妙な違和感を感じていた。

しかし霊感の「れ」の字もない俺は、「体調でも崩したのか」程度に思っていた。

道行く人がたまに俺のほうを見てびっくりするあたり、顔色が非常によろしくないのかもしれない。

こういうときは酒を飲んで早く寝るに限る。

コンビニで引きつった顔の店員から酒を買い、その日は10時前には寝た。

翌朝、しっかり寝たはずだが体の違和感は消えていない。

朝の準備を済ませた後でふと昨日は携帯をかばんに入れたっきり、一度も出さずに寝てしまったことを思い出し、あわててチェックしてみた。

・・・・・留守電12件、しまった、誰か緊急の用事でもあったのか、とりあえず再生せねば

nextpage

「私メリーさん、今○○駅にいるの」

「私メリーさん、今○○大学の前にいるの」

「私メリーさん、今○○教室の前にいるの」

「私メリーさん、今あなたの後ろにいるの」

nextpage

「私メリーさん、さっきからあなたの後ろにいるの」

「私メリーさん、あなたの後ろにいるんですけどー、もしもーし」

「もしもーし、メリーさんですよーいい加減気づいてくださーい」

「メリーです・・・取り憑いた人が鈍すぎるとです・・・めりーです・・・」

「うー、一日一回くらいは後ろ見るもんでしょ普通!」

「ほらほら、あのおじさんとかめっちゃ私のこと見てるよ」

「な、なんでうつ伏せで寝るの!いいかげんこっちみなさいよ・・・」

「えぅ・・・ぐすん・・・・メ、メリーです、この録音きいたらでいいので後ろみてください」

nextpage

俺は背後の気配を確認すると、振り向かないで家を出て大学へ向かった。

その日俺の背後には、半べそかきながら後ろをついてくる少女がいたらしい。

***

……俺さんのドSっぷりには感服です。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
84900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ